自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

ノスタルジックな自衛隊偵察オートバイXL250Sのスピードメーター部分


1/1自衛隊偵察オートバイコレクションのきっかけとなった偵察オートバイXL250S。今となってはかなりノスタルジックな雰囲気のオートバイだが、偵察オートバイコレクションの最初のオートバイであると言うこともあり、入手した時には非常に興奮して狂喜乱舞していたものだ。

時折、このXL250Sについて、何度か質問のメールを頂くことがある。「メーター部分が詳しく見たい」とのご要望を数多く頂くので、今回のブログでは倉庫へ行ったついでに撮影したきたのものをUPする。なにかの参考にしていただけるのであれば、非常に嬉しい限りである。

メーター本体には緑色のガムテープが貼られているが、これは偵察オートバイXL250Sの購入時から貼られていたものだ。自衛隊内で貼られたものかどうかは不明だが、メーター本体は黒色のプラスティック製となっている。特に剥がす理由もないので、そのままにした状態で保管している。そのメーター部分には数字のステッカーが貼ってあるのだが、こちらは前オーナーの嗜好で貼られたものではないかと思っている。

DSC03241 DSC03240 DSC03239 DSC03238 DSC03237 DSC03236 DSC03235 DSC03242

この偵察オートバイXL250Sもそろそろエンジンを動かせるようにしたいと思い、今回は倉庫の奥から引っ張り出してきた。6Vのバッテリーは完全に上がった状態で、何年の前の燃料が入ったままになっている。何度かキックをしてみると、ヘッドライトとメーター部分にかすかに明かりが点灯するが、肝心のエンジンはスタートする気配はない。

この偵察オートバイXL250Sも軽くレストアしてすぐに街乗りできる状態までには回復させてやりたい。自衛隊偵察オートバイKLX250/2号機のレストアと平行して作業を行うのはちょっと時間的には難しいので、KLX250のレストアが完了している(であろう)014年度後半には偵察オートバイXL250Sの軽めのレストア作業をスタートできればいいかなと妄想している。

 

0

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。