自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

陸上自衛隊 偵察オートバイKLX250 レストアのまとめレポート


一般では入手不可能とまで言われ ていた正真正銘の自衛隊払下げ 偵察オートバイKLXの細部までを 徹底解剖したりました!

2013年春に偶然に入手できた自衛隊偵察オートバイKLX250。いつものようにヤフオクで自衛隊キーワードで検索していると、「KLX」の文字が目に飛び込んでくる。紛れも無く、あの自衛隊KLXが売りに出されている!しかし、この時、不幸にも私自身はバンコクへ出張中であり、出品の期限も既に24時間を切っている・・・。

早速こんちゃねさんオフィスへ連絡をして、購入の稟議をもらおうとするが運悪く勘定方と連絡がとれない。焦る私は、友人に代理入札で購入してもら為に連絡をとってみるが、これも金銭の都合が上手く段取りできない。右往左往している内にオークションの時間の締め切りは迫ってくる。出張中に用意できる個人資金にも限界があり、十分な入札金額を入札で提示できずに落札する事ができなかった。いままでこれほどに海外出張が恨めしいと思った事はない。その夜は、バンコクのホテルで一人悔し泣きで枕を濡らした。

しかし、仏様は私を見捨ててはいなかったのだ。なんと、2ヶ月後にまた偵察オートバイKLX250が出品されるというチャンスにめぐりあう事ができた。今回も前回と同様にバンコク出張中ではあったが、2ヶ月前の苦渋を2度と味合わない為に、銀行決済などのツールをすべてバンコクオフィスへ持ち込んで、いつでも購入可能な状態を構築しておいたのである。

こんな非日常な環境で入手までに至った偵察オートバイKLX250だが、自衛隊払下げ品でここまで程度のよいものは見たことがない!というぐらいの良いコンディションで入手する事ができた。さすがにそのままでは走行できない状態にまでには破壊処理してある・・・この偵察オートバイKLX250を公道で走れるまでにレストア作業の過程をご紹介していたのがこちらのブログなのだが、今回はそのまとめとしてブログで書いていない予算についてや、完成した偵察オートバイKLX250の細部紹介などをレポートする。

 

スムーズに進んだ自衛隊 偵察オートバイKLX250のレストア

レストアの作業内容については、その都度更新していたブログのアーカイブで確認してもらう方が良いだろう。レストア準備から作業開始までは、自衛隊仕様偵察オートバイXLR250Rの組み立て作業時に購入していたものがあったを利用したので、非常にスムーズにレストアを開始する事ができた。長い間倉庫を専有していたこれらのレストアの為の機材だが、ここで再び陽の目を見ることになった訳だ。

DSCN5748 DSCN5757 DSCN5777 DSCN5781

今回の偵察オートバイKLX250レストアの最大のヤマ場となったのは、フレームの修正と配線再生。フレームは個人の技術では再生不可能なのでフレーム工場へ外注。問題は自衛隊用に製作されていると思われる特殊配線の再生作業である・・・民間のサービスマニュアルを入手してから実物の配線とを見比べてみたが、図面と実物がまったく異なっていて途方にくれてしまった。この配線関係の作業を完了するまでには約3週間は時間が必要になった。ちなみに、この配線図については、作業をしながら作成した配線図(前方部)をこの記事の最後でダウンロードできるようにリンクを設置してあるので、(ごく少数だとは思うが)これからレストアする方はこの配線図がなにかの手助けやヒントにしてほしい。

IMG_7196 IMG_7190

レストアのタイムスケジュールは、偵察オーバイKLX250の引取が2013年5月9日、車体分解作業が2013年5月22日、フレーム修正完了とレストア開始が2013年7月13日、そして一応のレストア完了が2013年9月26日となった。偵察オートバイKLX250を引き取ってからは、偵察オートバイ細部のチェックや撮影などで約2ヶ月、レストア開始から完了まで約2ヶ月の合計4ヶ月の作業工程だった。このレストア作業の間、私自信が数回に分けて6週間程バンコクへの出張が入っているので、前回レストアした自衛隊仕様偵察オートバイXLR250Rよりもかなり早いペースで仕上げた事になる。

DSC00500 DSC00522 DSC00527 DSC00528DSC00770 DSC00767

レストア作業の開始してからも、メーター類など一部の部品調達で大きく手間取っている。これらの部品について効率よく準備と調達ができていればもう少し短い時間で完成まで持っていけたかもしれない。ま、早いから良いというものではないが、モチベーションの維持を考えれば早い事に越したことない。

この投稿記事は複数のページで構成されています。ほかのページもお見逃しなく!

ページ 1 ページ 2 ページ 3

6

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

6 Responses

  1. 2014年1月11日

    […] カワサキ KLX250 […]

  2. 2014年7月29日

    […] JSDF Kawasaki KLX250のまとめ […]

  3. 2014年8月12日

    […] JSDF Kawasaki KLX250のまとめ […]

  4. 2015年8月18日

    […] ヤフオクで購入した「自衛隊払下げオートバイKLX250」の三台目だ。一号機は一台目はこちらのレポートでレストア完了済み、二号機はバラバラな状態で、現在はフレームを修正中。そし […]

  5. 2015年8月23日

    […] KLX250ES […]

  6. 2015年8月23日

    […] KLX250ES […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。