自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

防衛庁払下げ 自衛隊偵察用オートバイ ホンダXL250S


防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S DSC_6791 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S 防衛庁 偵察用オートバイ ホンダXL250S

非常に残念ではあるが、現行の偵察オートバイモデル(XLR、KLX)は自衛隊からの払い下げでの入手はほぼ絶望的と考えて間違いないだろう。XLRはバイクとしての使用できる状態での入手はほとんど不可能だが、キャリアやガード類などの外装パーツとしての払い下げは1990年前半まで実施されていたので入手する事は可能。XLRの自衛隊用外装パーツについては、ヤフーオークションに時折出品されている。現行配備のKLXは、最近払下げが実施され始めてはいるが、はやりXLR同様に溶断処理が徹底して実施されているようで入手は難しい。それでも民間で完全な偵察オートバイをコレクションしている人がいるのもまた事実。一体どのように入手しているのか?なにかしらの方法が存在するのだろう。

運良く実物の偵察オートバイを入手しても、メンテナンスコスト面にも注意が必要だ。今回入手できた偵察バイクXL250Sについても同様だが、自衛隊内で仕様耐用年数を過ぎて払い下げされたものなので、フレームが溶断がされていない「見た目が完全な状態」なだけであって、バイクとしては過酷な訓練によって長年酷使されて、各所のダメージは相当なものだ。ベアリングや機関部分などの稼動部分は安全の為に徹底的にオーバーホールを必要があるので、その分のコスト増を覚悟しておく必要がある。

購入価格は、今回購入した偵察オートバイクXL250Sは車体本体価格10万円で購入。登録などの諸経費が1万円、エンジンなどのレストアパーツで12万円ほど使用している。民生用のXL250Sで約7万円前後の取引相場なので、かなり高価な買い物になってまっている。ちなみに防衛庁での偵察オートバイXL250Sの調達価格は60万円。それに比べれば結構安く購入できている計算にはなるが・・・。

自衛隊の偵察オートバイとは異なり、米軍用偵察バイクを購入する場合は比較的簡単に入手が可能だ。米軍は主にカワサキのバイクを一部の部隊で使用している。こちらは通関証明書のついた米軍払い下げ品としてたまに販売されているので比較的入手が簡単。沖縄県内の業者間では結構流通しているようだ。

 

米軍で活躍しているミリタリーバイクのまとめ

本物の海兵隊M1030を間近に見てから、米軍で使用されているミリタリーバイクにも興味が湧き始めた。そこで米軍で採用されているミリタリーバイクについて少し調べた事を記事としてアップしておくことにする。自分で米軍のミリタリーバイクを購入するときの参考にした…

 

米軍払い下げオートバイ車体価格は15万円から20万円くらい(2009年当時)での取引が一番多い。沖縄県内では、米軍車両関係は「ミリタリーショップや米軍払い下げ品店」よりも、普通の”個人の中古車販売店”が在庫している場合をよく見かける。これから購入を検討されてる方は参考にしてほしい。

 

収集データー

本製品データー 実銃データー
名  称 自衛隊 偵察オートバイ
メーカー 本田技研工業株式会社
主要材質
銃身長
全  長 2.175mm
重  量 128kg
口  径
初  速
パワー値
照準具
パワーソース ガソリン
給弾方式
発射速度
発売日 不明
撮影日 2004年10月10日
購入店 ヤフーオークション
実売価格 本体98,000円(消費税込み)+パーツ代120,000円+その他
ポイントスター
★☆☆☆☆

外部リンク

H-SDF掲示板

本田技研工業株式会社

 

レポート修正履歴

2013年5月7日 記事の内容を一部修正し、写真をUPしました。

 

banner_home_kxl banner_home_xlr banner_home_xl
JSDF Kawasaki KLX250のまとめ HONDA XLR250R (自作)のまとめ JSDF HONDA XL250Sのまとめ

この投稿記事は複数のページで構成されています。ほかのページもお見逃しなく!

ページ 1 ページ 2 ページ 3 ページ 4 ページ 5

10

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

10 Responses

  1. 加東圭子 より:

    いつもブログ拝見させていただいてます。「所管の警察署が発行するある書類」とありますが、どのような書類で、私でも取得可能なものでしょうか?
    お教えいただければ幸いです。

    • webmaster より:

      僕が取得した時は、5年以内に刑法犯などで警察のお世話になっていなければ大丈夫との事でしたが、刑法にそのような規定があるかどうかは不明です(お世話になっていても取得できるかもです)。直接メールを頂ければ、必要な書類についてお答えさせて頂きます。(不特定多数の方が見れるコメント欄では、制度を悪用されてしまうと困りますのでご理解下さい。)

  1. 2009年2月7日

    […] 前回、combat.chでレポートしたXL250Sは バイクとしてはとてもいいバイクだ。個人的には、あのバイクの持つ独特のフォルムが大好きだ。だが、ブレーキが非常に怖かったり、電圧なんて6 […]

  2. 2009年2月10日

    […] 今回はcombat.chのレポートで掲載されているおなじみの陸自偵察バイクXLR250RとXL250Sを イベント会場に持ち込んでいた。これは偵察バイクを会場内で乗ってのってもらうイベントを計画していたのだが、残念ながらこのイベントは天候不順の為危険 と判断し、急遽中止となった。偵察バイクはもっぱらcombat.chのスタッフが食器洗いや買い物などに利用するに留まっていた。 […]

  3. 2013年6月16日

    […] として再生して、保管しておこうと考え中だ。全く手の入っていない状態で入手できた偵察オートバイXL250Sに続いて、自衛隊オリジナルな偵察オートバイ2台目としてのレストアの野望を持っている。予算的なものはまったく不透明だが、来月中頃までには目処を付けたいところ。 […]

  4. 2014年1月11日

    […] ホンダ XL250S […]

  5. 2014年7月29日

    […]  JSDF HONDA XL250Sまとめ […]

  6. 2014年8月12日

    […] JSDF HONDA XL250Sのまとめ […]

  7. 2015年8月19日

    […] こんちゃねオフィスには払い下げられた「偵察オートバイXL250s」と、入手できないが故に自作した「自衛隊仕様偵察オートバイXLR250R」、そして今回レストアした実物の「偵察オートバイ […]

  8. 2015年8月19日

    […] 子供の頃からの夢だった自衛隊偵察オートバイXL250Sを入手してから約半年あまりが過ぎたある日、またしても唐突として、その決断すべき日がやってきた。偵察オートバイを所有してか […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。