自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

偵察オートバイ乗りの方(XLR250R 偵察型)が遊びに来てくださいました。


今日は同じ兵庫県下の、偵察オートバイ乗りの方(XLR250R 偵察型)が遊びに来てくださいました。いろいろなお話を聞かせてもらい、非常に楽しい時間を過ごさせて頂きました。

秘密基地への誘導の際には、2台の偵察オートバイで市内を走行しましたが、バックミラーかちらりと見えるXLR250Rにシビレてしまいました。第三者目線では見る事はできませんでしたが、2台連なっての偵察オートバイ走行は、たぶんめっちゃかっこいい(自称)ですw。

DSC05331 DSC05332 DSC05333 DSC05330

 

今回拝見したXLR250Rは偵察部隊用のモデルで、B.Oライトが装着されているモデルでした。うまく撮影できていませんでしたが、B.Oライト切り替 えのスイッチの部分には「ライトスイッチ」と書かれた扇型に四角の部分が追加されたアルミ製のプレートが使用されていました。

また、偵察オートバイにはぴったりの軍用無線機(米軍PRC-77)を搭載されており、ハンドル部分には「送信用ポタン」が取り付けられていました。無線 機はもちろん実働で、アマチュア無線機免許で実際に運用をされておられました。しかも、使わない時にはFMラジオを受信できる仕様にしておられるとの事でした。

 

DSC05340 DSC05334 DSC05335 DSC05336 DSC05338

 

これを拝見して、僕も無線機を搭載したくなってしまいましたw。

また、遊びに来てください!

0

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。