自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

自衛隊偵察オートバイ専用(?)プラ製ツールボックス


自衛隊偵察オートバイには、バイク本体の後部、荷台のちょっと下あたりにプラ製の小さい工具箱がついてる。偵察オート-バイXLR250Rを組み立てたときは、この工具箱本体はあったものの、この箱のフタが紛失しており、書類や工具を入れるといった用途では使用できない状態だった(後日、ミク友さんからXLR250R用の工具箱を譲って頂いただいたが、フタをなくすのが嫌で、未だにバイクには取り付けてはいない!)。

程度の良い状態の自衛隊偵察オートバイKLX250には、きちんとした状態で工具箱がついてきた。しかも工具付きだ。 このプラ製工具箱、意外にも防衛供給パーツの為なのだ。恐らく一般には販売してもらえない筈だ。

今回の払下げ偵察オートバイKLX250には、この工具箱が2台ともついてきた。一台は完全な状態でついてきたが、もうひとつは箱のフタが紛失した状態で、取り付け根本のプラ部分が大きく破損している。しかし、2台とも純正とおもわれる工具類は付属されてきた。この工具ツールキットだが、部隊名と管理番号が記載されていたので掲載した写真には画像処理でモザイク処理をしておいた。

今手元にある偵察オートバイKLX250用プラ製工具箱。程度の良いほうは現在分解中で手元にないんです これは修正が難しい!しかし、完全バージョンの実物工具箱があるので、結構再生の希望はある。IMG_6489 これぞ払下げの醍醐味!純正の工具類がボックスに収納されていた。ちょっとした宝物をGETした気分だこれぞ払下げの醍醐味!純正の工具類がボックスに収納されていた。

ちなみに、前日購入した民生用のパーツリストで確認してみたところ、KLX250でも自衛隊専用供給のパーツのようで、このパーツリストには記載されていなかった。

2

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

2 Responses

  1. 2013年6月3日

    […] ちょっと前にブログに書いた「自衛隊偵察オートバイ専用(?)プラ製ツールボックス」の記事について、フェイスブックページやメールでご連絡を頂いた。今回知った新事実はこれだ! […]

  2. 2015年8月18日

    […] ちょっと前にブログに書いた「自衛隊偵察オートバイ専用(?)プラ製ツールボックス」の記事について、フェイスブックページやメールでご連絡を頂いた。今回知った新事実はこれだ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。