自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

自衛隊風偵察バイクを自分で作ってみた製作日記! ホンダXLR250R編


まずは偵察オートバイについての情報収集と物資調達

早速、偵察バイクXLR250Rの情報収集をスタートすることにした。インターネットをフル活用して「自衛隊オートバイ」や「偵察バイク」、「陸自 ホンダ」などのキーワードをかたっぱしから検索してみた。偵察オートバイXL250Sの レポート時の検索でも情報の少なさに泣かされたが、今回は更に情報の少なさに泣かされる事になる。検索エンジンでもヒットする情報が少なく、有力な情報は2〜3 ページ程度しかヒットしてこない(2005年当時の状況です。2015年現在では数多くの情報が検索でヒットします。)。

数少なくヒットした情報でも、自衛隊の公式サイトの情報であったり、新聞記事のアーカイブであったり、偵察バイクの作成に参考になる情報は殆どといっていい見当たらなかった。それでも根気よく検索を続けていくと、COMBAT.CHのコンテンツであるフォーラムページがヒットした。書き込み内容には「自衛隊の偵察バイクXLR250Rがコンバットマガジンの広告で売りに出ている」と書き込まれてい る!

早速、近所の商店街の古本屋に出向き、コンバットマガジンの過去2 年のバックナンバーを立ち読みして、偵察バイクを販売している広告を探して販見つけ出した。偵察オートバイの広告を出していたショップは、福島県にある「THE兵舎」というミリタリーショップ。古くから軍用品を中心に販売している、ミリタリー業界に老舗中の老舗だ。早速「THE弊社」へ電話をして、偵察オートバイについて問い合わせをしてみた。

お店の人:『ええ、偵察バイクの在庫はありますよ』

との事。是非COMBAT.CHにも譲って欲しいと伝えると、

お店の人;『今、コンバットマガジンで偵察バイクXLR250Rのレストアの記事が連載されていますよ。』

と親切に教えてもらった。

日ごろからコンバットマガジンを定期購読していない私は、当然この記事の事を知らなかった。再び近所の古本屋さんへ出向いてコンバットマガジンをチェックすると、偵察オートバイXLR250Rのレストア記事が確かに連載されている。

「ほんとだ。思いっきり同じコンテンツになってしまうね。しかもこちらが後発になってしまうし・・・」

すでにレストアするにあたっての機材などの注文をしてしまっている以上、二番煎じになってでもこの企画を通すしかない!COMBAT.CHの経理方に非常に暑苦しい想いを熱弁し、渋々ながらも偵察オートバイXLR250Rのレストア記事コンテンツにかかる予算を捻出してくれた。

予算と了解を得た上で、ジャンク状態の偵察バイクXLRを販売しているTHE兵舎さんでジャンクパーツを発注。それと同時に、レストアのベースとなる市販車のXLR250R(MD20)をヤフーオークションで落札した。レストアベース車はノーマルの車体だったので55,000円というリーズナブルな価格で入手する事ができた。

続いて、整備するのに必要なXLRサービスマニュアルとパーツリストなども約3,000円程度で入手。レストア作業は夜間に行う事も多くなるので、強力な投光器、レストアベースのバイクをスムーズに解体するのに、エアツールとコンプレッサーも調達。バイクをレストアするために、ドンドンと設備が拡張されていく・・・

「ひょっとしたら、オークションに出ている偵察オートバイXLR250Rを60万円で譲ってもらった方が安くついたかも知れないな・・・」と、非常に弱気な考えも頭を過ぎる事もあったが、「工具類やパーツ類を全部揃えても60万円には遠く及びませんよ。なにより、ヤフーオークションに出品されている偵察バイクも、あくまで”仕様 ”ですからね。自衛隊の実物ではないんですよ!ここまで来たら頑張るしかありませんよ!』と励ましのお言葉頂き、工具とパーツの調達を継続した。ここで、私達がレストアするにあたって調達した工具類を載せておくので参考にしてほしい。

エアーコンプレッサー 夜間でも作業できるように投光器も購入 機械工作に強い味方、エアツールキット サンドブラスター 製造コストを下げるために工作機械も手作りする。 バイク用のマニュルとパーツリストも調達

名    称
価 格
備  考
エアーコンプレッサー
15800円
エアーツールセット(インパクトレンチなど)
5800円
エアーツール(塗装用)
2300円
夜間作業用投光器
3800円
バイク作業台(バイクリフト)
9800円
工具セット
2500円
特殊なサイズのレンチなど
2400円
紙やすりなど
300円
電動ドリルの刃(9.5mm)
1120円
簡易サンドブラスター
7500円
結局使用していない
トルクレンチ
4500円
溶接機(100V/200V)
12000円

レストア作業を効率よく作業を進めるのには、エアツールは絶対に必要との事だったので調達品目に加えた。エアツールを活用する事で作業時間は大幅に短縮する事が可能になる。知り合いのバイク屋や自動車屋にレストアに際してアドバイスも求めたところ、「いい道具を揃えろ。」との助言を数多く得たので、ホームセンターで売られている安価な工具ではなく、工具専門店で揃えることになった。

特にエアツールは近所のホームセンターでは置いていない場合も非常に多く、在庫があったとしても、型番が古いものが高価であったり、中国製で品質が悪いものが多かったりと 問題が多いように感じた。そこで、エアツールや専用工具類は株式会社ストレートという工具専門店で調達することにした。ここではレストアするのに必要な工具はすべて揃う。ただし、高品質な工具が多い のでお値段もそれなりにしてしまうのが難点だ。

株式会社ストレート(http://www.straight.co.jp/)

この投稿記事は複数のページで構成されています。ほかのページもお見逃しなく!

ページ 1 ページ 2 ページ 3 ページ 4 ページ 5 ページ 6 ページ 7

23

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

23 Responses

  1. とうふバンビ より:

    こんなサイトがあるなんて初めて知りました。自分も偵察バイクを作りたいと思っていたので、非常に参考になりました。有難うございます。

  2. www.tb988.com より:

    成功呈概率分布,关键是你能不能坚持到成功开始呈现的那一刻。

  1. 2009年2月10日

    […] 今回はcombat.chのレポートで掲載されているおなじみの陸自偵察バイクXLR250RとXL250Sを イベント会場に持ち込んでいた。これは偵察バイクを会場内で乗ってのってもらうイベントを計画し […]

  2. 2010年8月29日

    […] もうちょっと涼しくなったら、バラバラに解体して共有できる部品は陸自仕様XLR250Rの予備パーツとして保管しておくつもりだ。 […]

  3. 2013年5月17日

    […] ここまでは、配線を切られるなどの処理は施されていない。うむ!良い感じだ!電気関係は見えないだけに、何かの破壊処理をされると結構手こずる事が多い。前回の自衛隊仕様偵察オートバイXLR250Rのレプリカ制作の時も、配線にはかなりイライラさせられた記憶がある。そんな苦い記憶が蘇りつつ、メインハーネスを追いかけてみると、 […]

  4. 2013年5月22日

    […] 前回の偵察オートバイXLR250Rのレストア時の記憶が蘇る・・・今回もフレームとエンジンだけになってしまった偵察オートバイKLX250を見て、 […]

  5. 2013年5月25日

    […] このリアガード、残念ならがこのままでは民生車のKLX250には装着できない。このリアガードを装着するためのベースとなるパーツが、フレーム部分に溶接されているためだ。前回の自衛隊仕様偵察オートバイXLR250Rを制作した際には、どうしてもこのパーツが入手できないのでワンオフパーツで制作した経緯がある。今回のこのKLX250は、このガードマウントベースが切断されることなくフレームに付いた状態だった。このオリジナリティをなんとか保ってこの払下げ偵察オートバイKLX250をレストアしたいところだが、車台番号の問題やフレーム強度の問題で簡単には出来ないジレンマに陥っている今日此の頃である。 […]

  6. 2013年5月29日

    […] 自衛隊偵察オートバイには、バイク本体の後部、荷台のちょっと下あたりにプラ製の小さい工具箱がついてる。偵察オート-バイXLR250Rを組み立てたときは、この工具箱本体はあったものの、この箱のフタが紛失しており、書類や工具を入れるといった用途では使用できない状態だった(後日、ミク友さんからXLR250R用の工具箱を譲って頂いただいたが、フタをなくすのが嫌で、未だにバイクには取り付けてはいない!)。 […]

  7. 2013年6月5日

    […] 偵察オートバイには、民間型には装着していないガード類を装着する為のベースと、それらの補強をするパーツが着いている。偵察オートバイXLR250Rを作成したときも、この部分を再現するために大変苦労したものだ。幸いな事に、今回の偵察オートバイKLX250には、リアガードベースとフレーム補強用のパーツが切断されずに残っていた。今週末には、この偵察オートバイ用パーツを、民生用フレームに装着する作業を実施する予定だ。 […]

  8. 2013年6月21日

    […] 先日、mixiで友人だったマイミクの方から、フェイスブックページへへコンタクトがあった。久しぶりにメッセージのやり取りをしていると、偵察オートバイ仕様XLR250Rのリアキャリアー(灯火管制ライトを装着できるモデル)を探しておられるとの事だった。そう言えば、倉庫に偵察オートバイXLR250Rのリアキャリアーがあったな・・・と、雨の合間を見計らって倉庫でリアキャリアーを探してみた。 […]

  9. 2013年6月22日

    […] KSC システム7プラス1搭載の「M11A 1」が10月28日(水)に MVG2008 in 本栖湖ハイランド参加レポ ついでに偵察オートバイXLR250Rの無残なフレームを見てくれ! 陸上自衛隊仕様 偵察バイク HONDA XLR250R […]

  10. 2013年7月20日

    […] 偵察オートバイ仕様XLR250Rの時も思っていたが、 […]

  11. 2013年7月24日

    […] 自衛隊仕様偵察オートバイXLR250Rを制作した時は、民間のものをそのまま流用したので作業はとても簡単だった。が、今回の偵察オートバイKLX250の場合はサービスマニュアルにある配線図 […]

  12. 2014年1月11日

    […] ホンダ XLR250R […]

  13. 2014年1月11日

    […] ホンダ XLR250R […]

  14. 2014年1月15日

    […] ホンダ XLR250R […]

  15. 2014年6月19日

    […] 自衛隊仕様 ホンダ XLR250R […]

  16. 2014年6月23日

    […] 自衛隊仕様 ホンダ XLR250R […]

  17. 2014年6月27日

    […] 自衛隊仕様 ホンダ XLR250R […]

  18. 2014年7月29日

    […]  HONDA XLR250R (COPY) […]

  19. 2014年8月12日

    […] HONDA XLR250R (COPY)のまとめ […]

  20. 2015年8月19日

    […] のレストア作業の間、私自信が数回に分けて6週間程バンコクへの出張が入っているので、前回レストアした自衛隊仕様偵察オートバイXLR250Rよりもかなり早いペースで仕上げた事になる。 […]

  21. 2015年8月27日

    […] XLR250R […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。