自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

関西の偵察オートバイXLR250Rが遊びにきてくれました


今日は同じ関西で偵察オートバイに乗っておられる文ちゃんさんが秘密基地へ遊びにきてくれました。文ちゃんさんはXLR250Rの偵察隊モデルに乗っておられます。まずは偵察オートバイXLR250Rの雄姿を見ていただこう。

IMG_9909 IMG_9908 IMG_9910

左側の車体はこんちゃねさんの偵察オートバイKLX250で、最近では偵察オートバイXLR250Rの退役に伴い本家自衛隊でもこの2ショットの撮影は難しくなってきている。白の桜のマークはオリジナルのもので、公道走行中は養生テープで隠して走行しておられた。やっぱり偵察オートバイといえば、この「白の桜」がとてもしっくりとくる。

IMG_9918 IMG_9919 IMG_9920 IMG_9911 IMG_9912 IMG_9917 IMG_9916 IMG_9915 IMG_9914 IMG_9913

文ちゃんさんの偵察オートバイXLR250Rにも、無線機ラック周り一式が装着されている。うちの自作XLR250Rにもなんとかして装着してやりたいものである。

今回は遠路遥々こんちゃねさんの秘密基地まで足を運んで頂きありがとうございました。また遊びに来てください。

2

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

2 Responses

  1. 文ちゃん より:

    この前は大変楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございました!
    駐屯地祭ではあそこまで間近かつじっくり見ることもかなわないので本当に良かったです
    新しい発見も沢山もあり大変勉強になりました
    ESのフロントフォークと微妙に違うという事が判明したわけですが調べて見たところ同様のフォークを付けているモデルがわかりました
    それはオーストラリア仕様のKLX250-E1(93年式)からE3(95年式)までのモデルでした
    そしてそのモデルには偵察オートと同じくアナログタコ付の2連メータが装備されているという事です
    もっと詳しく調べるためにオンラインパーツリストを探してはいますが見つけられずです
    また、見聞にお邪魔させてもらえれば幸いです
    レストア作業もお手伝い出来ることがあればさせていただきたく思います

  2. こんちゃね管理人 より:

    お返事が遅くなりすいません。いつでもお越しになって下さい!動画と写真の方もあるのですが、どうしたらいいでしょうか?大きいサイズなので、メールにも添付できません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。