自衛隊バイクKLX250のバッテリー無し状態での電装品状態チェック

2020年3月5日

バッテリーがダメになってしまったついでに、バッテリーが無くなった状態でエンジンを始動させて電装品のチェックをしておいた。作動状態については、動画をUPしておいたので参考にしてほしい。

まず、バッテリーが完全に死んでしまった状態でもヘッドランプは実用レベルの照度を保っていそうだった。アイドリング状態ではバッテリーが生きている状態とまったく遜色はない。

ウィンカーについては、アイドリング状態ではきちんと点灯することはできないようで、たまに不規則に点灯するといった感じだ。また、時速30キロくらいのスピードで走行中でも、ウィンカーを点灯させると、ウィンカーは辛うじて作動するものの、ウィンカーのタイミングに合わせてヘッドランプが明暗を繰り返していた。

民間型のKLXを知らないので、なんとも言えないのだが、ちょっと発電量が足りないのかな?といった感じの動作状況だった。

 


<div id="homeupper">
<div class="container-inner" style="margin-top: 30px; -webkit-box-shadow: none; box-shadow: none; overflow: hidden;">

"自衛隊バイク
自衛隊バイクマニアックスのウェブサイトへようこそ!このサイトは<strong>自衛隊偵察用オートバイ好きが自衛隊バイクを徹底解剖する自己満足系ウェブサイト</strong>です。自衛隊バイクがメインのコンテンツですが、一般市民の私達でも購入可能な世界各国の軍用バイク(ミリタリーバイク)や軍用車両(ミリタリービーグル)などのミリタリー系車両の情報についても一緒にまとめています。

自衛隊バイクや軍用車両を入手する方法や維持管理についての情報をお探しですか?ひょっとすると、このサイトに役立つ情報があるかもですよ♪

</div>
</div>