燃料タンクの取り付けとワイヤー類の取り付け。いよいよエンジン始動テストへ!

2015年8月18日

明日のエンジン始動テストに向けて、急ピッチで作業を進めている。エンジンを動かすのに必要な燃料タンクと、燃料パイプ類の取り付け作業をおこなった。燃料タンクは内部に少しサビがあるものの、内部クリーニングをするほどでもないのでそのまま使用する事にした。もちろん、外側についてもオリジナル度を重要視しているので若干塗装にハゲがあるものの、そのまま利用する。

燃料タンクは、オイルで簡単に汚れを拭き取っただけで、再利用する事にした DSC00565 この燃料タンクがないことには、エンジンの始動テストはできない・・・ フレームにきちんと収まった燃料タンク。燃料チューブなどもすべて自衛隊から払い下げられた状態のものを使用している

続いて忘れてはならないのは、自衛隊からの払下げ時にはすべて切断されていたクラッチケーブルやアクセルワイヤーなどのケーブル類。これはヤフオクで該当する車種のもを購入しておいた。ずいぶんと自衛隊から払い下げられたオリジナルパーツで組み上げてきたが、ここは完全に破壊されたいたこともあるので民生品のパーツを利用する。ま、自衛隊も民生品と同じものを使用しているのだが、なんとなくすべて自衛隊オリジナルパーツでこだわってみたかったのだが・・・。コレばっかりは仕方がない。

アクセルワイヤーは民生品の中古品をヤフオクで購入して使用した。 クラッチワイヤーと、その下部にある電極スイッチを装着。この電極スイッチはキャブレターの燃料調整に関係しているらしいのだが・・・ サービスマニュアルに添って、キャブレター部分にもワイヤーを装着。とにかく取り付け作業が困難だった アクセルワイヤーのこのゴムの部分は、偵察オートバイKLX250から部品を再利用。ちょっとしたこだわりである

よし、ワイヤー類も装着完了。各部の動きを調整して、必要な箇所にグリースを塗布していく。うむ!ますますスムーズになったではないか。ここまではバッチリだ。これで明日のエンジン始動テストも完璧だ!と思って細部をチェックすると、

エンジンキーユニットが手つかずに残っている!

偵察オートバイKLX250のエンジンキーユニットは溶断の被害を大きく受けていて、配線をやり直す必要があったのだ。すっかり忘れていた!プラ製のコネクター部分などのパーツは購入してあるので、慌てて配線作業の準備をしてはんだ付け作業を開始した。

DSC00580 DSC00576

エンジンキーユニットの通電テストを行い、車体本体へきちんとネジ止め。これでキー部分は大丈夫だろう。購入したバッテリーを搭載して、明日の為に補充電をしておく事にしよう。

いよいよ、明日はエンジン始動テストだ!

ちゃんと動くだろうか?配線とかショートしたらすべてやり直しだ・・・などと、あと一日妄想する事にする。


<div id="homeupper">
<div class="container-inner" style="margin-top: 30px; -webkit-box-shadow: none; box-shadow: none; overflow: hidden;">

"自衛隊バイク
自衛隊バイクマニアックスのウェブサイトへようこそ!このサイトは<strong>自衛隊偵察用オートバイ好きが自衛隊バイクを徹底解剖する自己満足系ウェブサイト</strong>です。自衛隊バイクがメインのコンテンツですが、一般市民の私達でも購入可能な世界各国の軍用バイク(ミリタリーバイク)や軍用車両(ミリタリービーグル)などのミリタリー系車両の情報についても一緒にまとめています。

自衛隊バイクや軍用車両を入手する方法や維持管理についての情報をお探しですか?ひょっとすると、このサイトに役立つ情報があるかもですよ♪

</div>
</div>