エンジン始動テストはOK。偵察オートバイKLX250が息を吹き返した瞬間!

2020年5月18日

まずは、情報提供して頂いた皆さん、ブログを読んでくれている皆さん有難うございました。結構長い間、このブログにお付き合いして頂いて感謝感激であります。今日、この「偵察オートバイKLX250再生プロジェクト」は、ひとつの大きなヤマ場を迎えました。そうです、エンジン始動テストを朝早くから敢行し、そして見事に

エンジン始動テストをクリアしました(・∀・)

途中、エンジンがスタートしないで、「これはやり直しかも・・・」と思う場面もあったが、エンジンキーの回し忘れやキャブレターを調整するなどしてなんとかエンジンスタートまで漕ぎ着ける事ができた。エンジンが一度回転を始めれば、そのあとは今までが嘘であるかのようにスムーズになる。停止、再始動を繰り返しチェックするが問題なし。動画には収めてないが、キックでのスタートも問題なかった。各種電装(ヘッドライトやウィンカー)なども簡単にチェックしたが、今のところは上手く通電しているようだ。電装品の作動状況については、後日このブログにアップする予定だ。まずはエンジンスタートの動画を是非見てもらいたい。

本当に皆さん有難うございます。ただ、ここでは終わりではありませんぞ。偵察オートバイKLXとして完成させるまでには、プラ外装を取り付けたり、自衛隊用の通信機を調達したりと、やるべき事は沢山ある。ましてや、これが終わればもう一台の偵察オートバイKLX250もきちんとレストアする必要がある。まだまだ道のりは遠い。

 

自衛隊バイクKLX250 レストアのまとめレポート


<div id="homeupper">
<div class="container-inner" style="margin-top: 30px; -webkit-box-shadow: none; box-shadow: none; overflow: hidden;">

"自衛隊バイク
自衛隊バイクマニアックスのウェブサイトへようこそ!このサイトは<strong>自衛隊偵察用オートバイ好きが自衛隊バイクを徹底解剖する自己満足系ウェブサイト</strong>です。自衛隊バイクがメインのコンテンツですが、一般市民の私達でも購入可能な世界各国の軍用バイク(ミリタリーバイク)や軍用車両(ミリタリービーグル)などのミリタリー系車両の情報についても一緒にまとめています。

自衛隊バイクや軍用車両を入手する方法や維持管理についての情報をお探しですか?ひょっとすると、このサイトに役立つ情報があるかもですよ♪

</div>
</div>