灯火管制用ランプ(B.O.ライト)の修理と取り付け

2020年5月18日

この偵察オートバイKLX250再生プロジェクトがスタートした時に、一番最初にレストアする予定の灯火管制用ランプ(B.O.ライト)だったが、なんやかんやで一番最後になってしまった。まずはきちんとガラスで再生したいと考え、数件のガラス屋に持ち込んではもたものの「無理ですね」の返答。たかが3個程度の作業では引き受けてくれるところなかった。

なので、今回は車体についてきたガラスを割られたB.Oライトをレストアする事にした。ガラスを切ったり加工したりは個人では無理なので、アクリル版でなんとかそれらしく見せる事にした。

まずは割られたガラスの部分をリューターで丁寧に平面を出していく。丁寧に作業しているつもりだが、なかなか上手く平面がでなかった。それでも1時間程度でアクリル版取り付け作業に危なくない程にガラスの鋭利なところはすべて除去できた。ここへ、「スポッ!」とアクリル板はめ込む寸法だ。

タミヤのカラースプレー(自衛隊色TS-70)で金属のハゲた部分を再塗装をして目立つキズを消して、ホームセンターで購入してきた厚さ3mmのアクリル板を寸法を測って切り出した。このアクリル板を割れたガラスの部分にはめ込んでいくのだが、それぞれに少しづつ微調整をしてなんとかはめ込む事ができた。

前のB.Oライトと後ろに右側は透明のアクリル。後ろに左側は黒のアクリル板を使用した。黒のアクリル板は一番実物に近い透過率33%のもの購入して加工した。偵察オートバイに取り付けてみるが、

やっぱ偵察オートバイは灯火管制ランプだよね~ヽ(´▽`)ノ

なかなか満足にいく出来栄えではある。しかし、写真では上手くはめ込めたように見えるが、実際は光の入角度の具合では切り口から変に光が反射してしまう・・・・。予算が許せば、破壊されていないちゃんとしたB.Oライトを取り付けたいと密かに陰謀を企てている。

 

自衛隊バイクKLX250 レストアのまとめレポート


<div id="homeupper">
<div class="container-inner" style="margin-top: 30px; -webkit-box-shadow: none; box-shadow: none; overflow: hidden;">

"自衛隊バイク
自衛隊バイクマニアックスのウェブサイトへようこそ!このサイトは<strong>自衛隊偵察用オートバイ好きが自衛隊バイクを徹底解剖する自己満足系ウェブサイト</strong>です。自衛隊バイクがメインのコンテンツですが、一般市民の私達でも購入可能な世界各国の軍用バイク(ミリタリーバイク)や軍用車両(ミリタリービーグル)などのミリタリー系車両の情報についても一緒にまとめています。

自衛隊バイクや軍用車両を入手する方法や維持管理についての情報をお探しですか?ひょっとすると、このサイトに役立つ情報があるかもですよ♪

</div>
</div>