自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

最近の偵察オートバイに搭載されている端末用マウントホルダー


ご近所のこんちゃんさんが、ご近所で行われた自衛隊駐屯地の創立記念日で面白いものを撮影してくれた。自衛隊偵察オートバイにスマホ用マウントホルダーのようなものが搭載されている写真だ。まずは写真をご覧頂こう。

IMG_0020 IMG_0021 IMG_0022

OD色で塗装された金属製のホルダーのようだが、ipadくらいの大きさの端末を搭載できそうな感じのマウントホルダーになっている。設置位置や大きさから推測するに、液晶パネルを有したなにかしらの情報端末ではないかと思われる。(まさか本当にipadではないだろう・・・と思う)

マウントホルダーには、

 

ブラケット(2) RSAK-E5014-G02

 

と記載されているだけで、写真からはメーカーや使用方法などについての詳細な情報を得ることはできなかった。当然ではあるが、この番号でググってはみたが、もちろん情報を出てこない状況だった。

また、今回頂いた写真の中では、XLR250Rの時代から進化が見受けられるPTTスイッチの写真が含まれていていた。使用方法は不明ではあるが、なにかをホールドするような形状に作られているのが写真から判断できる。

IMG_0015 IMG_0016 IMG_0017 IMG_0018 IMG_0019 IMG_0023

その他では、今まで黒色の塗装がされたいた水冷用ラジエターが未塗装のものが使用されている偵察オートバイがあったようだ。また、ライト回りの保護用のパーツも取り付けされており、こんちゃねさんで所有している初期型の偵察オートバイKLX250との変更点が非常に興味深い。

IMG_0014 IMG_0009 IMG_0011

最後の写真は、自衛隊内のバイク車庫に駐車してあった自衛隊員用の教習車両と思われるバイク。私は今まで自衛隊の中では目にする事がなかったが、今回はじめて写真で見ることができた。一般の二輪教習所で使用しているものと同型のように見える。

IMG_0007

今回、これらの偵察オートバイの写真を提供して頂いたこんちゃんさんにはこの場を借りて謝意を表したい。

 

0

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。