自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

燃料タンクの取り付けとワイヤー類の取り付け。いよいよエンジン始動テストへ!


明日のエンジン始動テストに向けて、急ピッチで作業を進めている。エンジンを動かすのに必要な燃料タンクと、燃料パイプ類の取り付け作業をおこなった。燃料タンクは内部に少しサビがあるものの、内部クリーニングをするほどでもないのでそのまま使用する事にした。もちろん、外側についてもオリジナル度を重要視しているので若干塗装にハゲがあるものの、そのまま利用する。

燃料タンクは、オイルで簡単に汚れを拭き取っただけで、再利用する事にした DSC00565 この燃料タンクがないことには、エンジンの始動テストはできない・・・ フレームにきちんと収まった燃料タンク。燃料チューブなどもすべて自衛隊から払い下げられた状態のものを使用している

続いて忘れてはならないのは、自衛隊からの払下げ時にはすべて切断されていたクラッチケーブルやアクセルワイヤーなどのケーブル類。これはヤフオクで該当する車種のもを購入しておいた。ずいぶんと自衛隊から払い下げられたオリジナルパーツで組み上げてきたが、ここは完全に破壊されたいたこともあるので民生品のパーツを利用する。ま、自衛隊も民生品と同じものを使用しているのだが、なんとなくすべて自衛隊オリジナルパーツでこだわってみたかったのだが・・・。コレばっかりは仕方がない。

アクセルワイヤーは民生品の中古品をヤフオクで購入して使用した。 クラッチワイヤーと、その下部にある電極スイッチを装着。この電極スイッチはキャブレターの燃料調整に関係しているらしいのだが・・・ サービスマニュアルに添って、キャブレター部分にもワイヤーを装着。とにかく取り付け作業が困難だった アクセルワイヤーのこのゴムの部分は、偵察オートバイKLX250から部品を再利用。ちょっとしたこだわりである

よし、ワイヤー類も装着完了。各部の動きを調整して、必要な箇所にグリースを塗布していく。うむ!ますますスムーズになったではないか。ここまではバッチリだ。これで明日のエンジン始動テストも完璧だ!と思って細部をチェックすると、

エンジンキーユニットが手つかずに残っている!

偵察オートバイKLX250のエンジンキーユニットは溶断の被害を大きく受けていて、配線をやり直す必要があったのだ。すっかり忘れていた!プラ製のコネクター部分などのパーツは購入してあるので、慌てて配線作業の準備をしてはんだ付け作業を開始した。

DSC00580 DSC00576

エンジンキーユニットの通電テストを行い、車体本体へきちんとネジ止め。これでキー部分は大丈夫だろう。購入したバッテリーを搭載して、明日の為に補充電をしておく事にしよう。

いよいよ、明日はエンジン始動テストだ!

ちゃんと動くだろうか?配線とかショートしたらすべてやり直しだ・・・などと、あと一日妄想する事にする。

0

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。