自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

灯火管制用ランプ(B.O.ライト)の修理と取り付け


この偵察オートバイKLX250再生プロジェクトがスタートした時に、一番最初にレストアする予定の灯火管制用ランプ(B.O.ライト)だったが、なんやかんやで一番最後になってしまった。まずはきちんとガラスで再生したいと考え、数件のガラス屋に持ち込んではもたものの「無理ですね」の返答。たかが3個程度の作業では引き受けてくれるところなかった。

なので、今回は車体についてきたガラスを割られたB.Oライトをレストアする事にした。ガラスを切ったり加工したりは個人では無理なので、アクリル版でなんとかそれらしく見せる事にした。

灯火管制ランプの割れたガラスの部分を、リューターで丁寧に削り取る作業を続ける 激しく壊された灯火管制ランプのガラス部分。このままでは取り付けどころか作業自体に怪我の危険が伴うリューターで綺麗にガラスを削りとった。このあと、アクリル板をここにはめ込んでいく作業に入る 近所のホームセンターで購入したアクリル板は、厚さ3mmの透明と透過率のある黒の2種類

まずは割られたガラスの部分をリューターで丁寧に平面を出していく。丁寧に作業しているつもりだが、なかなか上手く平面がでなかった。それでも1時間程度でアクリル版取り付け作業に危なくない程にガラスの鋭利なところはすべて除去できた。ここへ、「スポッ!」とアクリル板はめ込む寸法だ。

タミヤのカラースプレー(自衛隊色TS-70)で金属のハゲた部分を再塗装をして目立つキズを消して、ホームセンターで購入してきた厚さ3mmのアクリル板を寸法を測って切り出した。このアクリル板を割れたガラスの部分にはめ込んでいくのだが、それぞれに少しづつ微調整をしてなんとかはめ込む事ができた。

ガラスを綺麗に除去したあと、破壊時についたキズを隠すためにタミヤカラーで簡単に塗装した アクリル板を規定サイズに切り出す。この作業が一番大変だったB.Oライトにアクリル板をすべてはめ込めた。写真では良く出来ているように見えるが、光の反射が少しおかしい 偵察用オートバイKLX250にB.Oライトを取り付け。左側はブレーキ用なので黒いB.Oライトを取り付ける

前のB.Oライトと後ろに右側は透明のアクリル。後ろに左側は黒のアクリル板を使用した。黒のアクリル板は一番実物に近い透過率33%のもの購入して加工した。偵察オートバイに取り付けてみるが、

やっぱ偵察オートバイは灯火管制ランプだよね~ヽ(´▽`)ノ

なかなか満足にいく出来栄えではある。しかし、写真では上手くはめ込めたように見えるが、実際は光の入角度の具合では切り口から変に光が反射してしまう・・・・。予算が許せば、破壊されていないちゃんとしたB.Oライトを取り付けたいと密かに陰謀を企てている。

0

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。