自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

灯火管制スイッチの点灯ポジションと通電状況


偵察オートバイKLX250の灯火管制スイッチの作動状況を参考に一覧表を作成した。実際に偵察オートバイKLX250をガシャガシャと作動させて作った一覧表なのだが、スイッチポジション的に「存在意味があるのか良く解らない」ポジションが存在した。テスターで通電を追えば、他のどの部分に電流が流れているのは分かるのだが、結構面倒くさい作業なので見た目で一覧表を作った次第だ。

スイッチポジション1番はブレーキランプのみが点灯するスイッチで、他の電装品は一切点灯しない。どういったシチュエーションで使用するスイッチポジションのかは良く解らないでいる。ひょっとしたら搭載する無線機関連の配線かなにかに通電する為のポジションかもしれない(←あくまでも妄想)。

偵察オートバイKLX250は、公道走行時の灯火管制スイッチポジションは2番の位置で走行する DSC00549

灯火管制ライトのポジション図

 

実際のスイッチでは、
端子記号BAT(ヘッドライト・テ ールライトなど)、SS(ウインカー、ストップランプ)がそれぞれメインの端子になります。
偵察オートではSS端子と接続するS(通常走行用スト ップランプ)、BS(灯火管制用ストップライト)が使用されます。S端子については73式小型トラックなどと同様の接続です。
BS端子は、73式小型トラックでロータリースイッチのポジション3・4とも導通があるのに対し、偵察オートでは3の時には導通がありません。したがって、3の時はフロント及びリアのBOマーカーのみ点灯。4の時は上記に加え、BOストップランプがブレーキ操作時に点灯する仕組みです。
技術検証と資料のご提供:73式さくらさん(2015年06月24日追加)

 

また、ポジション3番とポジション4番は、両方ともB.Oランプの点灯のみとなっている。何かの使用目的でポジションスイッチが振り分けられているはずなので、今後根気良く調べてみようと考えている。自衛隊向けのサービスマニュアルなどがあれば一発解決なんだけどね。このサービスマニュアルの入手も相当に困難だろうし・・・。

ちなみに、この灯火管制スイッチポジションが0番(OFF)の場合でも、エンジンの始動は可能だった。

5

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

5 Responses

  1. 偵察屋さん より:

    バイク雑誌「オートバイ」の付録として付属していた
    バイクレンジャー部隊のすべてというDVDを見ると
    「オートバイの場合は3番と4番は共通て゛・・・」という発言が収録されていますので
    このスイッチは他の車両にも使用されていて、その場合に違う切替を要求されているのかもしれませんね

    • こんちゃね管理人 より:

      灯火管制スイッチは他の4輪などの自衛隊車両にも使用されています。後ろの部分の形状が少し違うように見えますが(メーカーによって微妙に異なるのかも?)、配線や動きなどは同一のものでした。

  2. 匿名 より:

    通りかかりの者です、73式小型トラックの払い下げに乗ってます。 73式小型トラックの場合、3番は同じですが、4番はB.OマーカーとB.Oライト(フェンダーに付いてる敵の飛行機から発見されないように先を照らす灯火管制用のヘッドライト)が付きます。 また、1番は普段使うウインカーやブレーキランプが作動で2番は1番に加えてポジションランプが付き別のスイッチでヘッドライト点灯可能となります。

  1. 2014年1月11日

    […] ある程度進むまでは本当に不明な部分で作業が困難だった箇所の一つだ。このメインスイッチのポジションについてはこちらに詳しく調べた結果を載せてあるので参考にしてもらいたい。 […]

  2. 2015年8月19日

    […] ある程度進むまでは本当に不明な部分で作業が困難だった箇所の一つだ。このメインスイッチのポジションについてはこちらに詳しく調べた結果を載せてあるので参考にしてもらいたい。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。