KLX250のハンドル回りの状況は比較的良好!

2015年8月18日

ハンドル回りは、アクセルワイヤーやクラッチワイヤーが切断れているものの、メーター機器や鍵の部分などの各パーツにも破断は入っていない。今回の偵察オートバイKLX250に限って言えば、キーまで自衛隊て使用していた「オリジナル」がついてきている。

偵察オートバイKLX250のアクセル部分拡大。ワイヤーは切断されていた。 偵察オートバイのクラッチ部分。こちらもワイヤーは切断されていた。

速度を測るためのメーターケーブルも切断されていたのだが、幸いな事に、ブレーキチューブには破断処理が入っていなかった。ブレーキユニットの再調達は結構な値段がするので、ブレーキユニットが壊されていないのはとてもラッキーだった。

自衛隊オートバイKLX250のアクセル部分の拡大。スロットルを固定するゴムバンドが装着されている

アクセル部分のを見てみると、偵察オートバイKLX250の大きな特徴となるセルモーターのスタータースイッチがある。横にあるゴムバンドは、多分アクセルを固定する際に使用していたものと思われる。


<div id="homeupper">
<div class="container-inner" style="margin-top: 30px; -webkit-box-shadow: none; box-shadow: none; overflow: hidden;">

"自衛隊バイク
自衛隊バイクマニアックスのウェブサイトへようこそ!このサイトは<strong>自衛隊偵察用オートバイ好きが自衛隊バイクを徹底解剖する自己満足系ウェブサイト</strong>です。自衛隊バイクがメインのコンテンツですが、一般市民の私達でも購入可能な世界各国の軍用バイク(ミリタリーバイク)や軍用車両(ミリタリービーグル)などのミリタリー系車両の情報についても一緒にまとめています。

自衛隊バイクや軍用車両を入手する方法や維持管理についての情報をお探しですか?ひょっとすると、このサイトに役立つ情報があるかもですよ♪

</div>
</div>