偵察オートバイのキモ!KLX用のフロントガード部分

偵察オートバイを偵察オートバイたらしめたる基本パーツ。それがフロントガード部分リアガード部分だ。今回、偵察用オートバイKLX250についてきたフロントガードは、従来の自衛隊払下げと同様に2つにカットされたものと、ほとんどカットされていない2種類のものを手に入れた。

■2つにカットされたフロントガード

こちらは従来の払下げのゆに2つにカットされた状態の自衛隊偵察オートバイKLX250のフロントガード部分。右側と左側では切断面の処理が異なる為、他の払下げ偵察オートバイのパーツと思われる。2つにカットされているとはいえ、このコンディションの状態のものの入手は非常に難しい。

■ほとんどカットされていないフロントガード

今回、殆どカットされていないフロントガードも同時に入手した。偵察オートバイXL250Sを入手して以来、このコンディションの入手は初めてである(自衛隊偵察オートバイKLX250自体の入手が初めてなので当然ではあるが・・・)。フロントガード下部にクラックが入っているのだが、これで「溶断処理」という扱いになっているのかしれない。

完全な状態のフロントガードについては、クラックと修正するだけで簡単に再生できそうだ。問題は2つに分断されたフロントガードだ。上手に繋いでフロントガードの形にするのは簡単なのだが、ガードの中の鉄のプレートをどうするか?ここが一番の問題である。

あのプレートに強度強化の為についている溝は、プレス加工で処理されている。なので、レプリカで再現しようとすると、プレス用金型が必要になり、普通に考えてとてもペイしない費用が必要となる。ここを工夫して、如何に低コストで、そしてリアルに再現するか?これが大きな課題になっている。

 

自衛隊バイクKLX250 レストアのまとめレポート

最新情報をチェックしよう!
>昭和な軍用品専門店「新居浜補給処」

昭和な軍用品専門店「新居浜補給処」

兵庫県伊丹市のスカイパーク近くにある軍用品専門店「新居浜補給処」は昭和の軍用品払い下げ品店の雰囲気がそのまま残った珍しいお店です。

ほんとんど空いてないし、入りにくいし、出にくいし、そんな不器用で面倒くさいお店が「新居浜補給処」なんです。

実は当サイトの管理人が余暇でやってるお店なんですけどね♫

CTR IMG