偵察オートバイKLX250のリアガードとリアガードベース。

2020年5月18日

自衛隊偵察オートバイKLX250の後ろ側についているリアガード。これも自衛隊偵察オートバイをたらしめたる基本パーツである。ただただ鉄のパイ プを曲げただけの物なのだが、偵察オートバイのカッコ良さの重要なファクターである。今回の払下げ偵察オートバイKLX250では、とても幸運な事に溶断 処理などは入っていない。また、払下げにありがちな、「大きく偵察バイクをコカして変形」のような後も見受けられず、非常に程度が良い物だった。工具箱は 付属していて、中には部隊番号が書かれたツールキットも入っていた。

このリアガード、残念ならがこのままでは民生車のKLX250には装着できない。このリアガードを装着するためのベースとなるパーツが、フレーム部分に溶接されているためだ。前回の自衛隊仕様偵察オートバイXLR250Rを制作した際には、どうしてもこのパーツが入手できないのでワンオフパーツで制作した経緯がある。今回のこのKLX250は、このガードマウントベースが切断されることなくフレームに付いた状態だった。このオリジナリティをなんとか保ってこの払下げ偵察オートバイKLX250をレストアしたいところだが、車台番号の問題やフレーム強度の問題で簡単には出来ないジレンマに陥っている今日此の頃である。

さて、本日までのレストア進行状況だが、民生用のハーネス類と載せ替える為のフレームを注文した。来週には手元に届くはずなので、まずはハーネスの再生から手を付けていく予定だ。

 

自衛隊バイクKLX250 レストアのまとめレポート


<div id="homeupper">
<div class="container-inner" style="margin-top: 30px; -webkit-box-shadow: none; box-shadow: none; overflow: hidden;">

"自衛隊バイク
自衛隊バイクマニアックスのウェブサイトへようこそ!このサイトは<strong>自衛隊偵察用オートバイ好きが自衛隊バイクを徹底解剖する自己満足系ウェブサイト</strong>です。自衛隊バイクがメインのコンテンツですが、一般市民の私達でも購入可能な世界各国の軍用バイク(ミリタリーバイク)や軍用車両(ミリタリービーグル)などのミリタリー系車両の情報についても一緒にまとめています。

自衛隊バイクや軍用車両を入手する方法や維持管理についての情報をお探しですか?ひょっとすると、このサイトに役立つ情報があるかもですよ♪

</div>
</div>