民間フレームと偵察オートバイKLX250フレームの相違点

2015年8月18日

偵察オートバイには、民間型には装着していないガード類を装着する為のベースと、それらの補強をするパーツが着いている。偵察オートバイXLR250Rを作成したときも、この部分を再現するために大変苦労したものだ。幸いな事に、今回の偵察オートバイKLX250には、リアガードベースとフレーム補強用のパーツが切断されずに残っていた。今週末には、この偵察オートバイ用パーツを、民生用フレームに装着する作業を実施する予定だ。

偵察オートバイKLX250のフレーム補強用パーツは非常に目立たい感じで装着されている リアガードベースには、偵察オートバイXLR250Rのようなプレス加工は施されていない 当然だが、民生用パーツには「リアガードベース」と「フレーム補強用パーツ」は付いていない

偵察オートバイKLX250のフレーム補強用パーツは、とても小さくてフレームと一体化していて、偵察オートバイXLR250Rのフレーム補強用パーツと比べると非常に目立たない感じだ。実際、民生用フレームが手元にきてこの事に気づくまでは、偵察オートバイKLX250ではフレーム補強用パーツはなくなったのかと思っていたぐらいだ。強度的には溶接面積が多くなっているので、この工作方法がベターなのかもしれない。

リアガードベースは、偵察オートバイXLR250Rとかなり形状は異なっており、プレス加工などのコストが必要な処理は省略されているようだ。


<div id="homeupper">
<div class="container-inner" style="margin-top: 30px; -webkit-box-shadow: none; box-shadow: none; overflow: hidden;">

"自衛隊バイク
自衛隊バイクマニアックスのウェブサイトへようこそ!このサイトは<strong>自衛隊偵察用オートバイ好きが自衛隊バイクを徹底解剖する自己満足系ウェブサイト</strong>です。自衛隊バイクがメインのコンテンツですが、一般市民の私達でも購入可能な世界各国の軍用バイク(ミリタリーバイク)や軍用車両(ミリタリービーグル)などのミリタリー系車両の情報についても一緒にまとめています。

自衛隊バイクや軍用車両を入手する方法や維持管理についての情報をお探しですか?ひょっとすると、このサイトに役立つ情報があるかもですよ♪

</div>
</div>