偵察オートバイKLX250のナックルガードはOD色のプラで形成されている

実は7年前に偵察オートバイXLR250Rを制作したときに、既に偵察オートバイKLX250のパーツ収集は初めていた。編集者ブログの方にも、たまに購入したパーツの事を書いていたのだが、そんな中で購入していたのが、この偵察オートバイKLX250のナックルガード(製品名:カバーハンドル)だ。

7年程前に、5,000円程度で購入していたと思う。今、ここに来て本当にこのナックルガードを使用する日がやってこようとは・・・・。このパーツを購入した時には、自分でパーツを買って置きながら、想像だに出来ない事だったなーーーと当時を思い出す。

買ったままの状態で倉庫にしまっていたので、箱を開けて初めて「未使用品」である事が判明した。これはかなりお得な気分になる。かなりツヤ有りテカテカではあるが、ODプラ成形で出来ている。自衛隊で使用している偵察オートバイKLX250は、このナックルガードに自衛隊用のOD色などで着色していると思われる(稀に新車のようなツヤ有りテカテカ偵察オートバイを見かける事があるが、そんな感じの偵察オートバイは、このままの状態で使っているのかな?)。

これで道路脇の草木にバシバシ当たっても、塗装が剥がれて白くならないゼ!

基地祭などで見かける偵察オートバイXLR250Rは、極希にODプラ成形のものを見ることがあるが、やはり大半のナックルガードは「白地にOD塗装」が多い。現在所有中の偵察オートバイXLR250Rのナックルガードも、民間の白色プラのものにODカラーを吹きつけているだけの、基地祭でよく見かけるタイプだ。なので草木の多い道を走っていると、どうしても草木に当たってナックルガードのカドが擦れて下地の白が出てしまう。

しかし、未使用のナックルガードは嬉しいが、車体とのカラーバランスを合わせるのが難しい!一応、今回レストアする偵察オートバイKLX250は、出来るだけ払い下げられた時のオリジナルの状態、つまりちょっと使い古した感じでレストアしようと思っている。

 

自衛隊バイクKLX250 レストアのまとめレポート

最新情報をチェックしよう!
>昭和な軍用品専門店「新居浜補給処」

昭和な軍用品専門店「新居浜補給処」

兵庫県伊丹市のスカイパーク近くにある軍用品専門店「新居浜補給処」は昭和の軍用品払い下げ品店の雰囲気がそのまま残った珍しいお店です。

ほんとんど空いてないし、入りにくいし、出にくいし、そんな不器用で面倒くさいお店が「新居浜補給処」なんです。

実は当サイトの管理人が余暇でやってるお店なんですけどね♫

CTR IMG