偵察オートバイKLX250のナックルガードはOD色のプラで形成されている

2015年8月18日

実は7年前に偵察オートバイXLR250Rを制作したときに、既に偵察オートバイKLX250のパーツ収集は初めていた。編集者ブログの方にも、たまに購入したパーツの事を書いていたのだが、そんな中で購入していたのが、この偵察オートバイKLX250のナックルガード(製品名:カバーハンドル)だ。

7年程前に、5,000円程度で購入していたと思う。今、ここに来て本当にこのナックルガードを使用する日がやってこようとは・・・・。このパーツを購入した時には、自分でパーツを買って置きながら、想像だに出来ない事だったなーーーと当時を思い出す。

買ったままの状態で倉庫にしまっていたので、箱を開けて初めて「未使用品」である事が判明した。これはかなりお得な気分になる。かなりツヤ有りテカテカではあるが、ODプラ成形で出来ている。自衛隊で使用している偵察オートバイKLX250は、このナックルガードに自衛隊用のOD色などで着色していると思われる(稀に新車のようなツヤ有りテカテカ偵察オートバイを見かける事があるが、そんな感じの偵察オートバイは、このままの状態で使っているのかな?)。

これで道路脇の草木にバシバシ当たっても、塗装が剥がれて白くならないゼ!

新品未使用の偵察オートバイKLX250ナックルガードを外側から撮影。ODプラで成形されている。 新品未使用の偵察オートバイKLX250ナックルガードを内側から撮影。部品番号があるが、左右で表示されてる位置が異なる 一応、この部品番号でパーツ検索してみたが、「検索できません」の表示が帰ってきた 偵察用オートバイKLX250ナックルガード(自衛隊タイプ)は、結構ヤフオクで売っている事が多い

基地祭などで見かける偵察オートバイXLR250Rは、極希にODプラ成形のものを見ることがあるが、やはり大半のナックルガードは「白地にOD塗装」が多い。現在所有中の偵察オートバイXLR250Rのナックルガードも、民間の白色プラのものにODカラーを吹きつけているだけの、基地祭でよく見かけるタイプだ。なので草木の多い道を走っていると、どうしても草木に当たってナックルガードのカドが擦れて下地の白が出てしまう。

オフィスの機動戦力として活躍している偵察オートバイ風XLR250R。ナックルガードは色が剥がれる度に、タミヤカラーで再塗装している 払い下げの偵察オートバイXLR250Rのナックルガード。下地の白色が露出している。

しかし、未使用のナックルガードは嬉しいが、車体とのカラーバランスを合わせるのが難しい!一応、今回レストアする偵察オートバイKLX250は、出来るだけ払い下げられた時のオリジナルの状態、つまりちょっと使い古した感じでレストアしようと思っている。


<div id="homeupper">
<div class="container-inner" style="margin-top: 30px; -webkit-box-shadow: none; box-shadow: none; overflow: hidden;">

"自衛隊バイク
自衛隊バイクマニアックスのウェブサイトへようこそ!このサイトは<strong>自衛隊偵察用オートバイ好きが自衛隊バイクを徹底解剖する自己満足系ウェブサイト</strong>です。自衛隊バイクがメインのコンテンツですが、一般市民の私達でも購入可能な世界各国の軍用バイク(ミリタリーバイク)や軍用車両(ミリタリービーグル)などのミリタリー系車両の情報についても一緒にまとめています。

自衛隊バイクや軍用車両を入手する方法や維持管理についての情報をお探しですか?ひょっとすると、このサイトに役立つ情報があるかもですよ♪

</div>
</div>