レストア作業を再スタート!メインハーネスを完成させてフレームに装着へ。

2015年8月18日

急性気管支炎の為に、サイトの更新とレストア作業が約1ヶ月半に渡って休止してしまった。咳が止まらず、配線のハンダ付けの作業すらままならなくなってしまったのだ。現在では回復し、レストア作業も再スタートさせた。今回の予想外のタイムロスで、今年の夏に予定していた「偵察オートバイKLX250でエンジョイ・ツーリング」はちょっと無理 そうな感じになってきた。秋口には間に合うかな?

オフィスの入り口を完全に塞いでしまっている偵察オートバイKLX250とXLR250R

作業は見本となる偵察オートバイKLX250を参考にして、部品と各種ネジのサイズ、チューブや配線類を逐一確認しながら作業を進めているので、なかなか作業に時間がかかっている。

■メインハーネスが完成。とりあえずフレームに通してみる。

試行錯誤を繰り返して、やっとのことでメインハーネスが完成した。テスターを使用しての通電テストでは上手く出来たように思えるが、こればっかりは実際に通電させてみないと、上手くできたかどうかは解らない。上手く出来ているといいんだが・・・・。

偵察用オートバイKLX250メインハーネスの先端部分。民間ハーネスとはかなり違う配線構造になっていた。 一本一本丁寧にはんだ付け作業を実施していく。はんだ付け部分の強度的な心配は未だに払拭できないでいる

確実にはんだ付けをして、引っ張ってみて強度を試した上でシール作業を実施。それぞれのカプラー類を取り付けて、メインハーネスは完成した。今回のレストアで一番の(一番壊されている部分だから)ヤマを超えた。

早速、出来上がったメインハーネスを、エンジンとタイヤ類しかついていない偵察オートバイKLX250へ取り付けてみる。

ハーネスを通してみたレストア途中の偵察オートバイKLX250 メインハーネスのフレームに通してみるが、こんなに複雑なものなんだ!と再認識した

サービスマニュアルともう一台の偵察オートバイKLX250とを見比べながら、メインハーネスを大体の位置へ這わしてみる。

おぉ!なんとなく、偵察バイクの形に近づいてきた!

やっぱり、こうやって形になると俄然テンションUP↑。このままの勢いを維持してレストア作業のペースを維持できれば、完成まで思っているより短時間で済みそうである。


<div id="homeupper">
<div class="container-inner" style="margin-top: 30px; -webkit-box-shadow: none; box-shadow: none; overflow: hidden;">

"自衛隊バイク
自衛隊バイクマニアックスのウェブサイトへようこそ!このサイトは<strong>自衛隊偵察用オートバイ好きが自衛隊バイクを徹底解剖する自己満足系ウェブサイト</strong>です。自衛隊バイクがメインのコンテンツですが、一般市民の私達でも購入可能な世界各国の軍用バイク(ミリタリーバイク)や軍用車両(ミリタリービーグル)などのミリタリー系車両の情報についても一緒にまとめています。

自衛隊バイクや軍用車両を入手する方法や維持管理についての情報をお探しですか?ひょっとすると、このサイトに役立つ情報があるかもですよ♪

</div>
</div>