自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

すべてがここから始まる!自衛隊払下品KLXを引き取ってきたぞ!


2013年4月後半。やっとの思いで自衛隊払下品KLX250を、ヤフーオークションにて確保する事に成功!たしか、出張先のタイ国内から入札に参加してたハズだ。何度かに分けて複数出品されていた自衛隊偵察オートバイKLX250だが、入札は価格競争に負けて入札失敗な状態が続いていた。が、今回はなんとか落札に成功!購入を諦めてただけに、嬉しい誤算となった。今回、自衛隊偵察オートバイKLXを入手できたのは、かなりのハイスペックな幸運、そして偵察オートバイKLXを譲って頂いた旧オーナーの温かい心尽くしのおかげだ。

2013年5月9日。ゴールデンウィークの大渋滞を避ける形で、自衛隊偵察オートバイKLX250を引取る為に、指定の倉庫へ出向いて回収した。広い倉庫ポンツと置いてあるKLXを見るまでは、「本当に自衛隊のKLXなんで手に入るのか?」と信じられない俺だったが、倉庫にあるKLXは紛れもない「自衛隊偵察オートバイ」のKLXだった。感動で胸がいっぱいになるとは、まさにこの事である。いつものように、偵察オートバイKLXを前にして、嬉しさの小躍りをしてみる事にした。

倉庫に置かれていた偵察オートバイKLX250。この風景を見るまでは、偵察オートバイKLX250が買える事になるとは信じられなかった。 コンディションが少し悪い偵察オートバイKLX250。これをA号と呼ぶことにした。 程度の良い偵察オートバイKLX250。こちらはB号と呼ぶことにした。 自動車へ積み込むが、タイヤの空気が抜けていたために、KLXの車体は思い通りには動いてくれない。倉庫内を偵察オートバイKLX250を押して動かしてみる。嬉しさのあまりにニヤケ顔が止まらない。 偵察オートバイKLX250の積み込み完了。倉庫の関係者にお礼をいったあと、すぐに帰阪の途につく。

偵察オートバイKLX250を自動車に積み込んだ後は、脇目も振らずに、まっすぐに帰阪の途についた。帰りの車の中では、この偵察オートバイKLXをどのようにしてレストアしていこうか?と話をしている合間に気がつけばこんちゃねさんオフィスへ到着していた。

2

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

2 Responses

  1. エイブラムズ より:

    うぉぉぉ、いいですねぇえ!!!
    最近はKLXの払い下げも増えて来て私も欲しくてたまりませんww
    また見せて下さい!!

    • こんちゃね管理人 より:

      お久しぶりですね。メインの偵察オートバイKLX250は今週末から秘密基地2へ搬入して完全分解の予定です。もう一台は手元にあるので、いつでも見に来て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。