自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

レストア作業を再スタート!メインハーネスを完成させてフレームに装着へ。


急性気管支炎の為に、サイトの更新とレストア作業が約1ヶ月半に渡って休止してしまった。咳が止まらず、配線のハンダ付けの作業すらままならなくなってしまったのだ。現在では回復し、レストア作業も再スタートさせた。今回の予想外のタイムロスで、今年の夏に予定していた「偵察オートバイKLX250でエンジョイ・ツーリング」はちょっと無理 そうな感じになってきた。秋口には間に合うかな?

オフィスの入り口を完全に塞いでしまっている偵察オートバイKLX250とXLR250R

作業は見本となる偵察オートバイKLX250を参考にして、部品と各種ネジのサイズ、チューブや配線類を逐一確認しながら作業を進めているので、なかなか作業に時間がかかっている。

■メインハーネスが完成。とりあえずフレームに通してみる。

試行錯誤を繰り返して、やっとのことでメインハーネスが完成した。テスターを使用しての通電テストでは上手く出来たように思えるが、こればっかりは実際に通電させてみないと、上手くできたかどうかは解らない。上手く出来ているといいんだが・・・・。

偵察用オートバイKLX250メインハーネスの先端部分。民間ハーネスとはかなり違う配線構造になっていた。 一本一本丁寧にはんだ付け作業を実施していく。はんだ付け部分の強度的な心配は未だに払拭できないでいる

確実にはんだ付けをして、引っ張ってみて強度を試した上でシール作業を実施。それぞれのカプラー類を取り付けて、メインハーネスは完成した。今回のレストアで一番の(一番壊されている部分だから)ヤマを超えた。

早速、出来上がったメインハーネスを、エンジンとタイヤ類しかついていない偵察オートバイKLX250へ取り付けてみる。

ハーネスを通してみたレストア途中の偵察オートバイKLX250 メインハーネスのフレームに通してみるが、こんなに複雑なものなんだ!と再認識した

サービスマニュアルともう一台の偵察オートバイKLX250とを見比べながら、メインハーネスを大体の位置へ這わしてみる。

おぉ!なんとなく、偵察バイクの形に近づいてきた!

やっぱり、こうやって形になると俄然テンションUP↑。このままの勢いを維持してレストア作業のペースを維持できれば、完成まで思っているより短時間で済みそうである。

2

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

2 Responses

  1. 異星Z(改Ⅱ) より:

    色々と大変そうですが、中々良い感じになっていますね。それでは。

    • こんちゃね管理人 より:

      有難うございます。「なんとか」上手くいってる気がしますw。これでエンジンが一発始動!といってくれればいいのですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。