自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

再組み立てができるか不安だったラジエター部分の組み立てが完成!


メーターASSYの部分は取り敢えず置いておいて(後日記事にしてUP予定)、偵察オートバイKLX250のレストアプロセスで一番の難関と思われるラジエターアッセンブリーの組み立てを行った。構成部品点数が多いものの、サービスマニュアルと現車を確認しつつ組み立てていくと、およそ2時間程度で組み立てが完了した。「今回のレストア作業の中で一番難しい部分じゃないか?」と構えて作業に当たっただけに、なんとも拍子抜けした感が否めない。ま、でも、すんなり作業が進むのはとってもマーヴェラスである!

偵察用オートバイKLX250のラジエター部分の基本パーツ このサーモセンサーは断線の為に使用できなかったので、もう一台の偵察用オートバイKLX250から流用する事にした クーラーファンの作動テストはしていない。たぶん動くんじゃないかな? 偵察オートバイKLX250では、民間で使用されているラジエターと同様のものが使用されていた

冷却水が通る配管などは取り回しが若干分かり難いところがあるものの、サービスマニュアルの手順通りに作業を実施して問題なく組み立てる事ができた。ここの作業で困難だったのは、エンジン部分のハーネスとの兼ね合いだった。サービスマニュアルには「この配管の下部分を這わす」や「このコードに添って配線を潜らせる」などの記述があるのだが、サービスマニュアルの文章だけではピンと来ないことが多かった。今回のレストア作業においては、もう一台の偵察オートバイKLX250を参考にして配線や配管の位置なども自衛隊偵察オートバイを忠実に再現する事を努力している。

偵察オートバイKLX250車体に取付られた左側ラジエター部分 偵察オートバイKLX250車体に取付られた右側ラジエター部分 サービスマニュアルでは、水温が一定以上になった場合にファンが回る仕様になっている 手前の偵察オートバイKLX250がレストア中の車体。奥のものが参考にしているもう一台の偵察オートバイKLX250

このラジエターアッセンブリーの作業では、複数点のパーツをホームセンターで購入して装着した。できれば自衛隊で使用しているものを使いたかったのだが、分解作業時に破損させてしまったり、紛失したりしてしまって再入手に時間がかかりそうなので近所で購入して装着した。

  1. 冷却水の配管を固定する金属製のカシメパーツ
  2. ラジエター固定用のネジ
  3. サーモセンサー(もう一台から流用)

ラジエターの内部はまったくといっていいほど汚れはなかった。 ラジエター組立後に冷却液を入れて「お漏らしテスト」を実施。このまま数日置いて様子をみよう!

ラジエターアッセンブリー組立作業の完了後、本体にラジエター液を入れてバイクを左右に大きく揺さぶってみる。どうやら液漏れはどこからも起こしていないようだ。このままにして数日間様子を見てみる事にしよう。

ここまでのレストア作業は快調!これでまた完成までに一歩近づいた!!

0

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。