自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

キャブレターとエアクリーナーを取り付けて、メインハーネスを定位置に固定。


エンジンとラジエターの取付作業に続いて、今回はキャブレターとエアクリーナーの取付作業を実施した。エアクリーナーの取付はかなりの力が必要な作業で、汗ダクになりながら格闘して取付完了。キャブレターも取り付け難かったものの、なんの問題なく取り付ける事ができた。これで偵察バイクのメインフレーム内に大方の部品が取り付けられた事になる。おぉ、やっとここまで来たか!

自衛隊使用XLR250Rとちがって、キャブレターは非常に取り付け難かった。この作業困難感が「漢カワサキ」の所以なのだろうか? 非常に狭いスペースに収まったキャブレター。この跡のエアクリーナーも、非常に取り付け難い部品だった

フレーム内の部品を一通り取り付け終わったので、メインハーネスを束にしてタイラップでフレームに固定していく。その際に、もう一台の偵察オートバイKLX250を参考にしながら、同じ位置でタイラップを取り付ける事にした。若干サービスマニュアルと違う部分もあるが、この箇所については現物の偵察オートバイの仕様を優先して再現する事にした。

まとめられていないバラバラの状態のメインハーネス もう1台の偵察オートバイKLX250とサービスマニュアルを参考にして、忠実にメインハーネスをフレームに這わせていく 通電テストを実施しながら、配線一本一本を確実に接続していく。うまく通電してくれる事を祈りながら・・・ バッテリーケースを装着して、後部のプラスティクパーツも装着した。

ここで、後部フェンダー部分のプラパーツを装着。オリーブドラブの外装プラパーツが付くと、今までと違って一気に「偵察バイク感」が出てくる。こりゃレストアするテンションも上がってくるってもんだ。この調子で今日はまだ作業を続けるぞ!

シート下部にあたり配線が集中する部分。ここも、もう1台の偵察オートバイKLX250を参考に配置を忠実に再現した ここまで出来上がった偵察オートバイKLX250。奥にある偵察オートバイを参考にして組み立て作業をしている

なんとか来週中にはテスト走行をしてみたい。

この無謀な予定を実現する為に、レストア作業を前倒ししていくぞ!

0

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。