自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

エンジン始動テストはOK。偵察オートバイKLX250が息を吹き返した瞬間!


まずは、情報提供して頂いた皆さん、ブログを読んでくれている皆さん有難うございました。結構長い間、このブログにお付き合いして頂いて感謝感激であります。今日、この「偵察オートバイKLX250再生プロジェクト」は、ひとつの大きなヤマ場を迎えました。そうです、エンジン始動テストを朝早くから敢行し、そして見事に

エンジン始動テストをクリアしました(・∀・)

途中、エンジンがスタートしないで、「これはやり直しかも・・・」と思う場面もあったが、エンジンキーの回し忘れやキャブレターを調整するなどしてなんとかエンジンスタートまで漕ぎ着ける事ができた。エンジンが一度回転を始めれば、そのあとは今までが嘘であるかのようにスムーズになる。停止、再始動を繰り返しチェックするが問題なし。動画には収めてないが、キックでのスタートも問題なかった。各種電装(ヘッドライトやウィンカー)なども簡単にチェックしたが、今のところは上手く通電しているようだ。電装品の作動状況については、後日このブログにアップする予定だ。まずはエンジンスタートの動画を是非見てもらいたい。

自衛隊仕様のXLR250Rと今回エンジン始動テスト中の偵察オートバイKLX250 おわかりただけるだろうか?メーターASSYのニュートラルとヘッドライトアップの警告ランプが付いているのが!

本当に皆さん有難うございます。ただ、ここでは終わりではありませんぞ。偵察オートバイKLXとして完成させるまでには、プラ外装を取り付けたり、自衛隊用の通信機を調達したりと、やるべき事は沢山ある。ましてや、これが終わればもう一台の偵察オートバイKLX250もきちんとレストアする必要がある。まだまだ道のりは遠い。

 

3

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

3 Responses

  1. 文ちゃん より:

    偵察オート無事復活おめでとうございます!
    残りの外装も装着した雄姿楽しみにしています!

  2. 異星Z(改Ⅱ) より:

    復活おめでとう御座います。残りも無理なく頑張られて!それでは。

    • こんちゃね管理人 より:

      有難うございます。なんとか完成までもう少しところまでやってきました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。