自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

偵察オートバイKLX250のフロントホイールベアリングの交換作業・・・断念ス!


自衛隊偵察オートバイKLX250/1号機は、最初に組み立てた時点からフロントホイールがグラついている。走行中にフロントタイヤを見ると、なんか大きく波打っていて、少し怖かったりもする。そんな状況を改善するために、フロントホイールベアリングの交換をすることにした。このベアリングを交換するのには特殊工具のプーラーなるものが必要となるのだが、ご近所の「Kさん」がプーラーを確保してくれたので交換作業を実施する事にした。

DSC03639 DSC03651DSC03750 DSC03751

ベアリングはメーカー純正のものではなく、モノタロウで適合するベアリングを手配してもらった。モノタロウでの販売価格はびっくりする位に安く、ベアリングが2つで600円程度と破格で調達してもらう事ができた。

さて早速作業のスタートだ。偵察オートバイKLX250を作業台に乗せてフロントタイヤを外していく。手慣れた手つきで分解してタイヤのパッキンなどを手際よく取り外していく。

いよいよここで、拝借してきたもらったプーラの出番だ。初めは使い方にまどったものの、動かしてるうちに原理については理解する。爪の部分をベアリングの穴に入れて、爪にテンションをかけていく。そしてその爪を上に引き上げるのだが・・・

プーラーの爪がベアリングにひっかからない

これは困った。ネットで調べながらやってみるが、どうしても上手くベアリングに爪を引っ掛けることができない。「スポッ」とブーラーが抜けてしまうのである。何度やっても結果は一緒なので、作業はここで一時中断することにした。ベアリング交換作業中断ス・・・である

DSC03648 DSC03655

後日ネットでこのあたりの事を調べてみると、プーラーの先っちょが複数付属していて、自由に交換できるものがあるようだ。もしかすると、このプーラーがあればベアリングが簡単に取り外す事が出来るのかもしれない。もう少し調べてみてから購入してみたいと考えている。

 

0

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。