偵察オートバイKLX250のフロント部分の破壊状況

2020年5月18日

現時点での自衛隊オーtバイKLX250の車体前部の破損状況。自衛隊払下げのセオリー通りに、車台番号が打刻されていたであろうと推測される部分は、ざっくりと溶断されている。しかし、今までみたどの溶断作業よりも丁寧な作業がしてある。この丁寧な作業が、偵察オートバイKLX250のオリジナル状態を高く保っている要因だろう。

ラッキーな事に、ハンドルの軸の方には溶接があまり飛んでいないので、サビを落として磨いてやればそのまま利用できそうな感じだ。残念なのは溶接箇所のとなりにあたり、ヘッドライトなどの配線部分。こちらはわざと溶接機で焼いたようになっている。ここは残念ながら再利用はできなそさそうだ。

配線は、この箇所だけをやり直すのは難しそうなので、ハーネス全部を張り直した方がいいかもしれない。どうせある程度分解するので、手間は一緒かな?と考えている。

 

自衛隊バイクKLX250 レストアのまとめレポート


<div id="homeupper">
<div class="container-inner" style="margin-top: 30px; -webkit-box-shadow: none; box-shadow: none; overflow: hidden;">

"自衛隊バイク
自衛隊バイクマニアックスのウェブサイトへようこそ!このサイトは<strong>自衛隊偵察用オートバイ好きが自衛隊バイクを徹底解剖する自己満足系ウェブサイト</strong>です。自衛隊バイクがメインのコンテンツですが、一般市民の私達でも購入可能な世界各国の軍用バイク(ミリタリーバイク)や軍用車両(ミリタリービーグル)などのミリタリー系車両の情報についても一緒にまとめています。

自衛隊バイクや軍用車両を入手する方法や維持管理についての情報をお探しですか?ひょっとすると、このサイトに役立つ情報があるかもですよ♪

</div>
</div>