ついでに偵察オートバイXLR250Rの無残なフレームを見てくれ!

こちらは偵察オートバイのXLR250Rであったであろう残骸。通常、自衛隊からの放出はこんな感じで行われている。ホント、我々からすればチョー勿体無い話しなんだが、まあこれは仕方ない。

やはり昨日紹介した偵察オートバイKLX250と同様に車台番号のところはざっくりと溶断されている。まあ、それ以前にバラバラに溶断されちゃってるけどね・・・。

写真で見ると、外観上は溶断面は少ないのだが、溶けた素材がフレームの内側に流出している。ハンドルの支柱が入っていれば、恐らく動かない状態になっていたと思われる。

何種類か、こういった状態の偵察オートバイのフレームを保管してあるが、悲しいくらいに完膚なきまでにヤラれちゃってる。合掌。

 

自衛隊バイクKLX250 レストアのまとめレポート

最新情報をチェックしよう!
>昭和な軍用品専門店「新居浜補給処」

昭和な軍用品専門店「新居浜補給処」

兵庫県伊丹市のスカイパーク近くにある軍用品専門店「新居浜補給処」は昭和の軍用品払い下げ品店の雰囲気がそのまま残った珍しいお店です。

ほんとんど空いてないし、入りにくいし、出にくいし、そんな不器用で面倒くさいお店が「新居浜補給処」なんです。

実は当サイトの管理人が余暇でやってるお店なんですけどね♫

CTR IMG