ついでに偵察オートバイXLR250Rの無残なフレームを見てくれ!

2020年5月18日

こちらは偵察オートバイのXLR250Rであったであろう残骸。通常、自衛隊からの放出はこんな感じで行われている。ホント、我々からすればチョー勿体無い話しなんだが、まあこれは仕方ない。

やはり昨日紹介した偵察オートバイKLX250と同様に車台番号のところはざっくりと溶断されている。まあ、それ以前にバラバラに溶断されちゃってるけどね・・・。

写真で見ると、外観上は溶断面は少ないのだが、溶けた素材がフレームの内側に流出している。ハンドルの支柱が入っていれば、恐らく動かない状態になっていたと思われる。

何種類か、こういった状態の偵察オートバイのフレームを保管してあるが、悲しいくらいに完膚なきまでにヤラれちゃってる。合掌。

 

自衛隊バイクKLX250 レストアのまとめレポート


<div id="homeupper">
<div class="container-inner" style="margin-top: 30px; -webkit-box-shadow: none; box-shadow: none; overflow: hidden;">

"自衛隊バイク
自衛隊バイクマニアックスのウェブサイトへようこそ!このサイトは<strong>自衛隊偵察用オートバイ好きが自衛隊バイクを徹底解剖する自己満足系ウェブサイト</strong>です。自衛隊バイクがメインのコンテンツですが、一般市民の私達でも購入可能な世界各国の軍用バイク(ミリタリーバイク)や軍用車両(ミリタリービーグル)などのミリタリー系車両の情報についても一緒にまとめています。

自衛隊バイクや軍用車両を入手する方法や維持管理についての情報をお探しですか?ひょっとすると、このサイトに役立つ情報があるかもですよ♪

</div>
</div>