昨日からメインハーネスの再生作業を継続しているが・・・

昨晩からメインハーネスの再生作業を続けているが、なかなか手強い作業に悩まされている。作業の概要としては、切断されていない偵察オートバイ用のオリジナルハーネスを利用して、溶断や切断されていたフロント周りのハーネスを、民間型ハーネスを継ぎ足して使用する計画だ。

「同じ色のコードを接続すれば完成じゃねーの?」と簡単に考えていたのだが、とろこがどっこい、そうは問屋が下ろしてはくれない。まず、コードのカラーリングが民間用ハーネスと偵察オートバイ用ハーネスとでは、結構違うのだ。また、民間用は切断部分のコード数が22本に対して、偵察オートバイ用は24本と、これも少し異なる。(このブログを書いている途中で、多めの2本は前部にある灯火管制用ライト用のコードと判明した)

昨日の記事に頂いたコメントには、「配線はどうも北米カナダモデルに似ているので?」との貴重な情報を頂き、早速調べてみると確かに共通点が多い。この頂いた情報で、作業のスピードは格段に進んでいる。

が!しかし、ここでふと疑問の壁が立ちはだかっている。2本の同じ太さとカラーリングのケーブルがあるのだが、どちらに繋いでもOKなのだろうか?これは、ウィンカー本体とウィンカースイッチのコードなのだが、両方共同じ太さとカラーリングなのである。前部分から後方部分へと続いている。テスターで通電テストをしてみが、カバーのかかっている部分でどうも繋がっているようなのだ。

うーん頭が痛くなってきた・・・・。ここらで少し昼寝をするとしよう。もし皆さんでいい解決方法があれば、是非レクチャーをお願いします。

 

自衛隊バイクKLX250 レストアのまとめレポート

最新情報をチェックしよう!
>昭和な軍用品専門店「新居浜補給処」

昭和な軍用品専門店「新居浜補給処」

兵庫県伊丹市のスカイパーク近くにある軍用品専門店「新居浜補給処」は昭和の軍用品払い下げ品店の雰囲気がそのまま残った珍しいお店です。

ほんとんど空いてないし、入りにくいし、出にくいし、そんな不器用で面倒くさいお店が「新居浜補給処」なんです。

実は当サイトの管理人が余暇でやってるお店なんですけどね♫

CTR IMG