メーターASSYを分解してダメージ確認とクリーニング処理

メーターASSYのダメージの大きさに、少し予定を変更してebayでKLX650用のメーターを購入する事にした。当然、米国で仕様するためのパーツなので、マイル表示になっている。また回転計も10000回転(KLX250は13000回転)と少し表示が異なる。そこで、

  1. ebayで購入したKLX650用のメーターを分解
  2. 偵察オートバイKLX250のメーターを分解
  3. KLX650用の外装を利用して、偵察オートバイKLX250のメーター内部を移植
  4. これでバッチリ!

という方法でメーターASSYを復活させる予定だ。KLX650用のメーターASSYが到着するまでしばらく時間があるので、2番めの【偵察オートバイKLX250のメーターを分解】作業を実施して、ダメージ確認とクリーニングの作業をすることにした。

外装は熱で大きく変形して、メーターの後ろ側もススで真っ黒だった。が、分解してみると内部のダメージはそれほどでもなく、なんとなくこのままの流用で使えそうな気配。できるだけオリジナルで仕上げたいので、内部への少ないダメージ具合は非常にラッキーだった。

 

自衛隊バイクKLX250 レストアのまとめレポート

最新情報をチェックしよう!
>昭和な軍用品専門店「新居浜補給処」

昭和な軍用品専門店「新居浜補給処」

兵庫県伊丹市のスカイパーク近くにある軍用品専門店「新居浜補給処」は昭和の軍用品払い下げ品店の雰囲気がそのまま残った珍しいお店です。

ほんとんど空いてないし、入りにくいし、出にくいし、そんな不器用で面倒くさいお店が「新居浜補給処」なんです。

実は当サイトの管理人が余暇でやってるお店なんですけどね♫

CTR IMG