自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

メーターASSYのダメージが半端ない状況。これをどう処理するかな・・・・。


偵察オートバイKLX250の最大のヤマ場であるメインハーネスの作業を終え、電装パーツの確認と装着を始めるべく、各パーツのダメージ状況を確認してみた。確認作業の結果、各種スイッチ類は再利用可能ではあったのだが、スピードメーター及びタコメーターのアッセンブリーのダメージが思いのほか大きい。

前面からみる限りは殆どダメージが見えないように見えるのだが、背面から見ると溶断のダメージは結構酷い状態だ。配線へのダメージは大きく、これらの配線は全部張替えが必要になってくる。また、メーターASSY本体のプラ部分が熱で変形していて、こちらも大きな修正が必要になってくる。

偵察用オートバイKLX250に付属してきたメーターASSYは、正面から見ればダメージはないように見える 偵察用オートバイKLX250に付属してきたメーターASSYの背面はプラフレームは変形して焦げている。又、配線もダメージを受けているこのメーターASSYのフレーム変形の修復は困難だと思われる 左側メーターASSY程のダメージはないが、ネジ山などは溶断で破壊されているの修復には時間がかかるだろう

このメーターASSYを日本国内で探してみたが、なかなか見当たらない。偵察オートバイKLX250自体が北米カナダモデルに近いので、アメリカのサイトを探してみると、同型のメーターASSYの情報を発見した。

部品番号(25001-1920):Meter-ASSY MPH

部品番号が分かったのは有難い。日本側のサイトを検索してみると殆ど該当情報はないが、国内サイトでメーターユニットが6万円以上で販売されているのを発見。6万円はちょっと高すぎるよね・・・。

仕方ないので、手元のユニットを再生する方法でなんとかこの難局を乗り切ろう。そこで再びメーターASSYのダメージを再確認してみるが・・・

収束コードまで完全に焼けている。修復にはすべての配線を貼り直す必要がある ここまで酷く焼け焦げていると、レストアするよりも新しいものを購入した方が得策かもしれない

こりゃどう見ても、両方のメーターASSY共に大規模な補修が必要!

少なくともハーネス類の総張替え作業が必要なのは間違いない。さてさて、これはどうしたものか・・・。

6

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

6 Responses

  1. 神谷英勝 より:

    いつも楽しく記事を読まさせていただいております。応援しております。頑張って下さい。

    • こんちゃね管理人 より:

      応援有難うございます。なんとか偵察オートバイKLX250を完成させて、ブイブイと走らせて見せます!

  2. 文ちゃん より:

    ハーネスの時に以前の北米カナダKLX250でもこの型のメータが採用されていたと書きましたが古いKLX650も同型のメーターを採用していました。その線で探すのもありかもしれません。他の車種での流用は私も調べきれませんでした。新品だと高いですがebayだと比較的新しい年式に搭載されていた中古品が大体200ドル前後で出ています。ただ北米モデルということもあり表記がマイル表示になっていますが内側に小さく青字でキロも表記されています。スピードメーター自体はマイル表記25005-1541キロ表記が25005-1534とバラで番号が設定されています。きっと交換も容易であると思うのでアッシーを購入してタコはそのままにスピードメータを偵察オートから移植してみる方法は取れそうにないでしょうか?メータにかかわる個別の部品番号を調べるにはUSカワサキのサイトが便利だと思います。TOPからOWNERINFO→PartsDiagramsでパーツリストが見ることができます。番号自体は共通なのでそこで調べた番号を日本のカワサキサイトで値段、他車種での流用等調べることが出来ると思います。それでは完成を楽しみにしてます!ヤフオクにKLXの偵察オートが出てこない今、出ているXLR偵察オートに凄く心惹かれています・・・・フロントガードにはBOマーカーのベースついてるぽいんですよね・・・キャリアにはないみたいですが・・・

    • こんちゃね管理人 より:

      貴重な情報有難うございました。とりあえず、ebayで新品(?)のメーターASSYを$250USDで購入する事にしました。メーターはマイル表示で回転数値も異なるのですが、メーターの内部は自衛隊のものを再利用して出来るだけ自衛隊で使用していたオリジナルの状態に仕上げていく予定です。これで上手くいってくれるといいんですが・・・。これらの情報はいずれまとめページなどを制作して、今後のKLXユーザーの方へ利用して頂けるようにしてみます。貴重な情報重ねてお礼申し上げます。 m(_ _)m

  1. 2013年9月15日

    […] メーターASSYのダメージの大きさに、少し予定を変更してebayでKLX650用のメーターを購入する事にした。当然、米国で仕様するためのパーツなので、マイル表示になっている。また回転計 […]

  2. 2015年8月18日

    […] メーターASSYのダメージの大きさに、少し予定を変更してebayでKLX650用のメーターを購入する事にした。当然、米国で仕様するためのパーツなので、マイル表示になっている。また回転計 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。