クラッチワイヤーガイドの取り付けが間違っていたので修正した。

この前、偵察オートバイKLX250のフロントフェンダー後部(車体側)に傷がついているのを発見した。なにかが激しく擦れて塗装が剥げてきていたのだ。走行に支障はないのだが、気になると修正したくなるのが性である。早速バイクをチェックしてみると、クラッチケーブルの金属部分がフロントフェンダーに完全に干渉してしまっている。はて?なぜゲーブルが干渉しているのか??クラッチワイヤーを取り付け直してみたり、テンションを調整したりしてみたが、干渉し続けている・・・。もう一度、サービスマニュアルを一から読み直してみて、意外な事に気付いた。

あっ、パーツの付け間違えだ。

そうなのだ、クラッチワイヤーをガイドする輪っかのパーツの取り付け位置が違っていた。なんたるポカミス。

さて、ワイヤーガイドを取り付け直した結果だが、完全には干渉が解消されていない。ハンドリングのタイミングによっては少し干渉してしまっている。

ちなみに、偵察オートバイKLX250/3号機のクラッチワイヤーは干渉していない。今度はワイヤーの長さでも測ってみるかな。

 

自衛隊バイクKLX250 レストアのまとめレポート

最新情報をチェックしよう!
>昭和な軍用品専門店「新居浜補給処」

昭和な軍用品専門店「新居浜補給処」

兵庫県伊丹市のスカイパーク近くにある軍用品専門店「新居浜補給処」は昭和の軍用品払い下げ品店の雰囲気がそのまま残った珍しいお店です。

ほんとんど空いてないし、入りにくいし、出にくいし、そんな不器用で面倒くさいお店が「新居浜補給処」なんです。

実は当サイトの管理人が余暇でやってるお店なんですけどね♫

CTR IMG