クラッチワイヤーガイドの取り付けが間違っていたので修正した。

2020年5月18日

この前、偵察オートバイKLX250のフロントフェンダー後部(車体側)に傷がついているのを発見した。なにかが激しく擦れて塗装が剥げてきていたのだ。走行に支障はないのだが、気になると修正したくなるのが性である。早速バイクをチェックしてみると、クラッチケーブルの金属部分がフロントフェンダーに完全に干渉してしまっている。はて?なぜゲーブルが干渉しているのか??クラッチワイヤーを取り付け直してみたり、テンションを調整したりしてみたが、干渉し続けている・・・。もう一度、サービスマニュアルを一から読み直してみて、意外な事に気付いた。

あっ、パーツの付け間違えだ。

そうなのだ、クラッチワイヤーをガイドする輪っかのパーツの取り付け位置が違っていた。なんたるポカミス。

さて、ワイヤーガイドを取り付け直した結果だが、完全には干渉が解消されていない。ハンドリングのタイミングによっては少し干渉してしまっている。

ちなみに、偵察オートバイKLX250/3号機のクラッチワイヤーは干渉していない。今度はワイヤーの長さでも測ってみるかな。

 

自衛隊バイクKLX250 レストアのまとめレポート


<div id="homeupper">
<div class="container-inner" style="margin-top: 30px; -webkit-box-shadow: none; box-shadow: none; overflow: hidden;">

"自衛隊バイク
自衛隊バイクマニアックスのウェブサイトへようこそ!このサイトは<strong>自衛隊偵察用オートバイ好きが自衛隊バイクを徹底解剖する自己満足系ウェブサイト</strong>です。自衛隊バイクがメインのコンテンツですが、一般市民の私達でも購入可能な世界各国の軍用バイク(ミリタリーバイク)や軍用車両(ミリタリービーグル)などのミリタリー系車両の情報についても一緒にまとめています。

自衛隊バイクや軍用車両を入手する方法や維持管理についての情報をお探しですか?ひょっとすると、このサイトに役立つ情報があるかもですよ♪

</div>
</div>