自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

バッキバキなシュラウドの地色はライトなグリーンだった。


偵察オートバイKLX250三号機のシュラウドは、左右両方共が大きく破損した状態になっている。左側のシュラウドは、破損した箇所を数多くのタイラップで補強して修正してある。初めは偽装網などを装着する為にこんな加工方式をとっているのかと思ったが、偽装網などを取り付けたような痕跡は見当たらない・・・。これは単純にバイク用の補給パーツの供給をしてもらえない(遅い?)のが原因で、壊れたパーツを丁寧に再生して使用するしかない、悲しい自衛隊の補給事情な線が濃厚ではないかと考えている。

で、あればだ、ここで個人的に大きな問題が発生する。マニア的にはリアルな状態でのレストアを心掛けたいのだが、偽装網を取り付ける為の加工であれば、現状の壊れたパーツを再利用したタイラップでの修正型を優先したい。しかし、たた単純に自衛隊内でのパーツ供給が不足気味なのであれば、壊れたパーツを利用再生してまでオリジナル状態を再現するべきだろうか?と悩んでいるのである。一般のバイカーには分かってもらえない、マニアだけのマニアな悩みである。

桜のマークを削りとったあとのフロントフェンダー。地色の明るいグリーンがはっきりと分かる。 割れたシュラウド。このオリーブドラブの「KLX」シールが入手できない以上、この壊れたものを再生して使う必要があるのだが・・・

ところで、大きく破損したこのシュラウドを見ていると、このプラパーツの地色は明るいグリーン(明るいバッタ色?)のように見える。いや、少し暗い感じかもしれないが、地色からオリーブドラブに着色されているのはではないようだ。これはフロントフェンダーの削れた部分やリアフェンダーの割れた部分でも同様の明るいグリーンを確認している。自衛隊用プラパーツとはいっても、カワサキの普通のパーツにオリーブドラブを着色しているだけかもしれない。ちなみにXLR250Rでは、地色からオリーブドラブのものもあれば、白色にオリーブドラブを着色しているものあった。

 

2

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

2 Responses

  1. 文ちゃん より:

    カワサキグリーンと呼ばれるカワサキの代表カラーですね
    駐屯地祭で見る偵察オートでも削れやすい角で露出してるものが多いと思います
    成形色で供給され始めたのは結構後からなのかもしれませんね
    プラ部品の割れやヒビの修正では最近はhttp://www.straight.co.jp/item/17-600/のような便利な道具があるのでタイラップよりいいかも知れませんタイラップはタイラップでスパルタンな感じでいいですけど
    あともうご存知かも知れませんが・・・4輪の場合の灯火管制の作動表ですhttp://nagamochi.info/src/up141465.jpg
    もうすでに実物お持ちなのであまり有用な情報ではないと思いますがカワサキのスーパーシェルパという車種のオーストラリア仕様にストックマンというモデルがあるんですけどそのリアキャリアが偵察オートの物に凄くよく似ててレプリカ作りたい人にはいい素材になるかも知れません
    それにしても3台とは・・・

    • こんちゃね管理人 より:

      お返事が遅くなって申し訳ありません。プラ部品修正の情報有難うざいました。パーツ修正時に是非試してみます。タイラップのままでもワイルドな感じでいいんですが、やっぱりちゃんと修正されているほうがいいかな〜と思ってしまいますw。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。