自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

偵察オートバイKLX250(3号機用)のライトガードを修正


前回の記事でご報告していた自衛隊 偵察オートバイKLX250/3号機の大きく歪んだライトガードだが、先週の週末にオフィスのご近所さんでこん「Kさん」さんの全面強力をしていただき、完全修復となったのでご報告させて戴く。

DSC03636 DSC03637
↑修正された偵察オートバイ用ライトガード。あとはペーパーをかけて再塗装する必要がる

初めは「ハンマーで叩けばなんとかなるかも・・・」とかなり甘い考えを持っていた。しかし、見た目は細いくせにとても頑丈なライトガードのフレームは、ハンマーで叩いてもビクともしなかった。さすがは防衛省指定部品だけの事はある。ここで作業は一時ストップする事になる。

そんな時、こんちゃねさんを日頃から見てくれていたご近所在住のKさんが、ライトガード修正の記事を読んでこんちゃねさんオフィスに立ち寄ってくれたのだ。そこで、ライトガードを歪み具合などを良く見てもらって以下の2点を確認してもらった。

  1. どう見ても手持ちの工具で(叩いて)どうにかなるものではない事
  2. ライトガードの素材は非常に丈夫で、熱を加えての加工がベターな事

そこで、Kさんは「専用の工具が揃う工場を借りましょうか?」と提案して頂いた上に、すぐに工具を貸してくれる工場を手配してくる事になった。

作業当日、Kさんとともに貸し工場への乗り込み、修正作業をスタートさせた。まずは万力を使って修正できるところを修正し、それ以外のところは加熱して変形させる方法で修正をしていく事にした。

DSC03622 DSC03623 DSC03620 DSC03628

プロ用工具の力とKさんの作業効率の高さにより、ハンマーで叩いてもビクともしなかったライトガードはみるみるうちに元の形へ戻っていく。こんな本格的な作業を目の前で見るのは初めてなので、鉄という硬い物質がいとも簡単に修正加工されていく事に感動を覚える。

DSC03634 DSC03630

1時間くらいの作業時間で、歪んたライトガードは見事に元の形に修復する事ができた。自分一人の力ではこんなに早く、そしてこんなに上手にライトガードを修正する事はできなかった。惜しみなく修正作業に協力をして頂いたKさんには謝意を表したい。

0

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。