偵察オートバイは公道走行モデルとオリジナル保管モデルを制作予定

2020年5月18日

今月末から出張の予定が入ってしまい、申し送りや準備などの日常業務に追われていてこのブログの更新がなんともままならない。皆さんごめんなさい。ところで、今回入手した偵察オートバイKLX250は2台ある。現在フレームの再生を出しているものと、もう一台はオフィスの中にオブジェクトのように置いてあるのがもう一台。

現在メインで修復作業をしている偵察オートバイKLX250は、民間用のフレームにリアガードマウントやフレーム補強パーツなどを移植して、公道走行をする為にレストアする事を目標としている。よって、オリジナルの偵察オートバイ用フレームは取り外してしまうので利用しない事になる。構成するパーツはすべて実物から取り外したものではあるが、メインフレームが交換されている以上どこまでも「自衛隊仕様」のジレンマからは抜け出せない。

そこで、もう一台ある偵察オートバイKLX250を、

フレームも自衛隊のままの公道未対応「全部オリジナル」バージョン

として再生して、保管しておこうと考え中だ。全く手の入っていない状態で入手できた偵察オートバイXL250Sに続いて、自衛隊オリジナルな偵察オートバイ2台目としてのレストアの野望を持っている。予算的なものはまったく不透明だが、来月中頃までには目処を付けたいところ。

偵察オートバイKLX250をこのまま「走行できない状態」で置いておくのも勿体無いもんね・・・。生命をもう一度吹き込んでやりたいもんだ。

 


<div id="homeupper">
<div class="container-inner" style="margin-top: 30px; -webkit-box-shadow: none; box-shadow: none; overflow: hidden;">

"自衛隊バイク
自衛隊バイクマニアックスのウェブサイトへようこそ!このサイトは<strong>自衛隊偵察用オートバイ好きが自衛隊バイクを徹底解剖する自己満足系ウェブサイト</strong>です。自衛隊バイクがメインのコンテンツですが、一般市民の私達でも購入可能な世界各国の軍用バイク(ミリタリーバイク)や軍用車両(ミリタリービーグル)などのミリタリー系車両の情報についても一緒にまとめています。

自衛隊バイクや軍用車両を入手する方法や維持管理についての情報をお探しですか?ひょっとすると、このサイトに役立つ情報があるかもですよ♪

</div>
</div>