偵察オートバイKLX250の前部分の配線を、きちんと図面にしておいた。

2015年8月30日

ここのところ、偵察オートバイKLX250の配線作業で長い間悩んでいるのだが、じっくり吟味した結果、民間用ハーネスの前部分と、偵察オートバイ用ハーネスの後ろ部分同じカラーリングのコードを接続するだけで上手くいくじゃねーの?というのは妄想であることが判明した。確かに同じカラーリングで、同じ働きをするコードもあるのだが、そうでないものある。そうでないものがある以上、簡単に接続して「完成!」とはいかない。そこで、まずは、手付かずにもう一台の偵察オートバイKLX250のライト部分を開けて、配線を一本づつ追いかけた。溶接で焼けただれたビニール皮膜の部分を剥が して、コードのカラーリングと通電が確認できるコードについては通電を確認していく。電装にそれほど慣れていない私にとって、非常に根気と時間のいる作業 だった。

分解されていない偵察オートバイKLXのライト部分を開けて、配線を一本一本追いかける作業を続ける 偵察オートバイ用の配線と民間用の配線を並べて、カラーリングの比較と接続先をチェック 配線の後ろ部分まできちんとコードを追いかけて、通電を個別に確認していく 出来上がった偵察用オートバイKLX250の前部分配線図。これを元に前部分の配線を作り直す事にした

3日間で前部分の配線をすべて確認し、コードのカラーリングと各スイッチへの通電を書き留めた。それをPDFに起こしたものをダウンロードできるようにしておくので、必要な方はお気軽にダウンロードしてください。また。記載した配線図に間違いがあれば、コメントを頂ければ非常に有難いので、宜しくお願いします。

とにかく、この配線図を元に、明日から配線の接続作業を実施する予定だ。はたして吉と出るか?凶と出るか?

陸自KLX250配線図PDFのダウンロード


<div id="homeupper">
<div class="container-inner" style="margin-top: 30px; -webkit-box-shadow: none; box-shadow: none; overflow: hidden;">

"自衛隊バイク
自衛隊バイクマニアックスのウェブサイトへようこそ!このサイトは<strong>自衛隊偵察用オートバイ好きが自衛隊バイクを徹底解剖する自己満足系ウェブサイト</strong>です。自衛隊バイクがメインのコンテンツですが、一般市民の私達でも購入可能な世界各国の軍用バイク(ミリタリーバイク)や軍用車両(ミリタリービーグル)などのミリタリー系車両の情報についても一緒にまとめています。

自衛隊バイクや軍用車両を入手する方法や維持管理についての情報をお探しですか?ひょっとすると、このサイトに役立つ情報があるかもですよ♪

</div>
</div>