メーターASSYのダメージが半端ない状況。これをどう処理するかな・・・・。

偵察オートバイKLX250の最大のヤマ場であるメインハーネスの作業を終え、電装パーツの確認と装着を始めるべく、各パーツのダメージ状況を確認してみた。確認作業の結果、各種スイッチ類は再利用可能ではあったのだが、スピードメーター及びタコメーターのアッセンブリーのダメージが思いのほか大きい。

前面からみる限りは殆どダメージが見えないように見えるのだが、背面から見ると溶断のダメージは結構酷い状態だ。配線へのダメージは大きく、これらの配線は全部張替えが必要になってくる。また、メーターASSY本体のプラ部分が熱で変形していて、こちらも大きな修正が必要になってくる。

このメーターASSYを日本国内で探してみたが、なかなか見当たらない。偵察オートバイKLX250自体が北米カナダモデルに近いので、アメリカのサイトを探してみると、同型のメーターASSYの情報を発見した。

部品番号(25001-1920):Meter-ASSY MPH

部品番号が分かったのは有難い。日本側のサイトを検索してみると殆ど該当情報はないが、国内サイトでメーターユニットが6万円以上で販売されているのを発見。6万円はちょっと高すぎるよね・・・。

仕方ないので、手元のユニットを再生する方法でなんとかこの難局を乗り切ろう。そこで再びメーターASSYのダメージを再確認してみるが・・・

こりゃどう見ても、両方のメーターASSY共に大規模な補修が必要!

少なくともハーネス類の総張替え作業が必要なのは間違いない。さてさて、これはどうしたものか・・・。

 

自衛隊バイクKLX250 レストアのまとめレポート

最新情報をチェックしよう!
>昭和な軍用品専門店「新居浜補給処」

昭和な軍用品専門店「新居浜補給処」

兵庫県伊丹市のスカイパーク近くにある軍用品専門店「新居浜補給処」は昭和の軍用品払い下げ品店の雰囲気がそのまま残った珍しいお店です。

ほんとんど空いてないし、入りにくいし、出にくいし、そんな不器用で面倒くさいお店が「新居浜補給処」なんです。

実は当サイトの管理人が余暇でやってるお店なんですけどね♫

CTR IMG