メーターASSYのダメージが半端ない状況。これをどう処理するかな・・・・。

2015年8月18日

偵察オートバイKLX250の最大のヤマ場であるメインハーネスの作業を終え、電装パーツの確認と装着を始めるべく、各パーツのダメージ状況を確認してみた。確認作業の結果、各種スイッチ類は再利用可能ではあったのだが、スピードメーター及びタコメーターのアッセンブリーのダメージが思いのほか大きい。

前面からみる限りは殆どダメージが見えないように見えるのだが、背面から見ると溶断のダメージは結構酷い状態だ。配線へのダメージは大きく、これらの配線は全部張替えが必要になってくる。また、メーターASSY本体のプラ部分が熱で変形していて、こちらも大きな修正が必要になってくる。

偵察用オートバイKLX250に付属してきたメーターASSYは、正面から見ればダメージはないように見える 偵察用オートバイKLX250に付属してきたメーターASSYの背面はプラフレームは変形して焦げている。又、配線もダメージを受けているこのメーターASSYのフレーム変形の修復は困難だと思われる 左側メーターASSY程のダメージはないが、ネジ山などは溶断で破壊されているの修復には時間がかかるだろう

このメーターASSYを日本国内で探してみたが、なかなか見当たらない。偵察オートバイKLX250自体が北米カナダモデルに近いので、アメリカのサイトを探してみると、同型のメーターASSYの情報を発見した。

部品番号(25001-1920):Meter-ASSY MPH

部品番号が分かったのは有難い。日本側のサイトを検索してみると殆ど該当情報はないが、国内サイトでメーターユニットが6万円以上で販売されているのを発見。6万円はちょっと高すぎるよね・・・。

仕方ないので、手元のユニットを再生する方法でなんとかこの難局を乗り切ろう。そこで再びメーターASSYのダメージを再確認してみるが・・・

収束コードまで完全に焼けている。修復にはすべての配線を貼り直す必要がある ここまで酷く焼け焦げていると、レストアするよりも新しいものを購入した方が得策かもしれない

こりゃどう見ても、両方のメーターASSY共に大規模な補修が必要!

少なくともハーネス類の総張替え作業が必要なのは間違いない。さてさて、これはどうしたものか・・・。


<div id="homeupper">
<div class="container-inner" style="margin-top: 30px; -webkit-box-shadow: none; box-shadow: none; overflow: hidden;">

"自衛隊バイク
自衛隊バイクマニアックスのウェブサイトへようこそ!このサイトは<strong>自衛隊偵察用オートバイ好きが自衛隊バイクを徹底解剖する自己満足系ウェブサイト</strong>です。自衛隊バイクがメインのコンテンツですが、一般市民の私達でも購入可能な世界各国の軍用バイク(ミリタリーバイク)や軍用車両(ミリタリービーグル)などのミリタリー系車両の情報についても一緒にまとめています。

自衛隊バイクや軍用車両を入手する方法や維持管理についての情報をお探しですか?ひょっとすると、このサイトに役立つ情報があるかもですよ♪

</div>
</div>