自衛隊偵察オートバイ好きの為のミリタリー系オートバイ研究サイト

ハーネスは専用スイッチを生かした状態で復元できるかがポイント


フレームが出来上がってくるまでに少し時間があるので、ここでメインハーネスの修復を初めてみようと思ってる。電気系統はなかなか目に見えないので、通電テスターなどで一本づつ通電を確認するという地道な作業の連続だ。こりゃなかなか手間がかかりそうな予感がする。

偵察オートバイKLX250のレストアで(恐らく)最大の難所となるメインハーネスの修復だが、注目は自衛隊専用の電源スイッチとその配線を上手く再生できるかどうかがポイントになる。この配線は、普通のサービスマニュアルには記載されていないので本当に手探りでの作業となるだろう。現時点で判明している各スイッチポジションの働きは、

(0):メインハーネスに通電せず(エンジン始動可能?)
(1):ブレーキランプのみ通電(エンジン関連には通電:ロック解除必要)
(2):すべて点灯する
(3):不明
(4):不明(ロック解除必要)

スイッチ位置(3)及び(4)については、どんな風に偵察オートバイの電装が可動するのかは不明だ。また、(1)と(4)については、チクビのようなボタンを押しながら可動させないと、そのスイッチポジションにする事はできない。

この偵察オートバイKLX250を完璧にレストアするのには、この特殊なスイッチを生かせるかどかで決まる!と言っても過言ではない。 車台番号のところを溶断した際にできたと思われる配線の焦げた部分。ここの再利用はできない一本一本テスターで調べて、サービスマニュアルの配線図を見比べていく。非常に根気と視力がいる作業だ 購入した民生用ハーネスを途中でぶった切って、偵察オートバイKLX250ハーネスに移植する計画だ

さてさて、上手く繋げる事ができればいいんだけどね。実際の通電挙動は、ある程度組みた立ててからでないと成功か失敗かが分かり難いので辛い。なんとか上手く出来ますように!

3

自衛隊偵察オートバイマニアックスのフェイスブックページにもいいね!をしたって下さいね!励みになります!

自衛隊偵察オートバイを個人で入手する具体的な方法を、実践を交えて書いた記事のまとめページ 軍用品とミリタリーグッズの調達なら、ミリタリーショップの新居浜補給処をご利用下さい。エアガンとミリタリー用品を高価買取中です。
   
スポンサードリンク広告

こんな関連した記事も読まれていますよ...

3 Responses

  1. POOH より:

    BOライトはどれが点灯するのかわからないんでうちのXLRは情報小隊仕様です。
    わかればいいのですがね。

  1. 2015年1月24日

    […] 電装ハーネスには、すでにレストアした偵察オートバイKLX250/1号機の場合と同様に払い下げの時のダメージがあるので、ハーネス修復の時間が少し必要になる。本格的な組み立て作業開 […]

  2. 2015年8月18日

    […] 電装ハーネスには、すでにレストアした偵察オートバイKLX250/1号機の場合と同様に払い下げの時のダメージがあるので、ハーネス修復の時間が少し必要になる。本格的な組み立て作業開 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

About me

自衛隊偵察オートバイマニアックス|第19偵察隊の中の人

自衛隊偵察オートバイマニアックス管理人です。ずいぶんの前からこんちゃねさんのひとつのコンテンツとして配信してきた偵察オートバイコンテンツですが、2015年8月に独自ドメインを取得して別のサイトとして運営することになりました。実際には中の人はこんちゃねさんの時となんら変わりはありません。不定期にツイッターなどでも独り言を言ってます。

このサイトで良く見かける19偵(第19偵察隊)とは?

ウェブサイトのタイトル画像やタイトルにもなっている19偵は、第19偵察隊という意味なんですよね。実際の自衛隊にはこの部隊名の偵察隊はありませんので、架空の偵察隊のナンバリングを頂いております。偵察オートバイやミリタリーバイクでツーリングしたり情報交換したりと、偵察オートバイ・ミリタリーバイクのオーナーズグループの仮名称といった感じですかねぇ・・。実際になんら活動予定などはないんですけどね・・・ツーリングとかキャンプとか行けたら楽しいかな?なんて思ってます。