ハーネス修正の為の脳内演習を開始したけれども・・・

2020年5月18日

昨晩から、偵察オートバイKLX250の配線と格闘している。偵察オートバイKLX250のハーネスは、車体本体とハンドル部分で切断された状態で、車体側の配線には切断処理が入っていない。そして、重要な自衛隊用の灯火管制スイッチもあるので、なんとかしてこのオリジナルの偵察オートバイKLX250ハーネスと、ヤフオクで購入した民間用ハーネスの前方部分を上手く結合させて使いたい・・・。そうすれば、このハーネスを簡単に再生できるのではないか?と妄想している。

が、実物の配線一本一本と、サービスマニュアルの配線図を追いかけてみるが、どうも偵察オートバイ用ハーネスと民間用ハーネスは若干異っている部分がある。まず気がついたのはイグニッションスイッチ部分。偵察用オートバイ用のイグニッションスイッチの配線は、なんか数が少なかったりする。

なので、もう一台ある偵察用オートバイKLX250のフロント部分を外して、配線を一本一本追いかける作業を実施中だ。この偵察オートバイも、溶断で配線はかなり焦げ付いているので、目視で一つづつチェックしている。

自衛隊仕様偵察オートバイXLR250Rを制作した時は、民間のものをそのまま流用したので作業はとても簡単だった。が、今回の偵察オートバイKLX250の場合はサービスマニュアルにある配線図を参考にして作業を進めるしかない。慣れないこの配線図との戦いは、なかなか視力と根気を必要とする。

偵察オートバイ用フレームが完成した今、このハーネス周りの完成がレストアまでの最大の障壁だと思っている。ここでなんとか踏ん張って頑張らないと!

自衛隊バイクKLX250 レストアのまとめレポート


<div id="homeupper">
<div class="container-inner" style="margin-top: 30px; -webkit-box-shadow: none; box-shadow: none; overflow: hidden;">

"自衛隊バイク
自衛隊バイクマニアックスのウェブサイトへようこそ!このサイトは<strong>自衛隊偵察用オートバイ好きが自衛隊バイクを徹底解剖する自己満足系ウェブサイト</strong>です。自衛隊バイクがメインのコンテンツですが、一般市民の私達でも購入可能な世界各国の軍用バイク(ミリタリーバイク)や軍用車両(ミリタリービーグル)などのミリタリー系車両の情報についても一緒にまとめています。

自衛隊バイクや軍用車両を入手する方法や維持管理についての情報をお探しですか?ひょっとすると、このサイトに役立つ情報があるかもですよ♪

</div>
</div>